Loading...

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有名ブログへのリンクです↓

にほんブログ村 政治ブログへ

麻生首相は信じるに値するか疑わしくなってきたと思う

国籍法改正案が衆院通過(時事通信)

「親の結婚を国籍取得の要件とする規定を削除する国籍法改正案は18日午後の衆院本会議で、全会一致で可決、参院に送付された。今国会で成立する見通しだ。
 日本人の父と外国人の母をもつ子の日本国籍取得について最高裁は今年6月、親の結婚を要件とした現行国籍法の規定を違憲とする判決を下した。これを受け、改正案は同規定を削除。父親の認知だけで国籍が取得できるようになるため、日本人男性に金銭を払うなどして虚偽の認知で国籍を取得する「偽装認知」には、新たに罰則を設けた。(ここまで時事通信より引用)」


なんというか、ある意味予想通り、国籍法改正案が衆議院で可決されたようです。
衆議院TV
こちらで映像も見ることができます。

このようなずさんな法律がほとんど審議されないまま成立してしまったことはとても残念だと思います。

しかし、この成立の裏には、自民党と民主党の影がちらついて見えてきてしまいます。

このような、犯罪者予備軍を自ら日本に招きいれ、また、日本の誇りを汚すような人間を自ら作り出すような法律ができる日が来るとは、夢にも思いませんでした。

しかし、この日が来る可能性があったことは、違憲判決が出た時からわかっていたことです。
加えて、麻生内閣によってほとんど審議もなく短期間に決定されたものであって、これを覆すことは、ほとんど不可能に近い状態でした。
さらに、あれだけ最高裁で違憲判決が出たときは大騒ぎしていたマスコミが、ほとんどこのことを
報道しないという異常な状況のおかげで、日本国民のほとんどがこの事実を知らないという、
最悪な状況です。

今回の国籍法改正が、悪法である事は誰の目にも明らかです。

主な問題点は、
・婚姻という要件をなくしたこと
・年齢制限を設けなかったこと
そして、
・DNA鑑定を盛り込まなかったこと

この3つであると思います。

まず、最初の2つについて、そもそも今度の改正法案は、もともと海外にいる日本人男性と外国人女性
との子供を救済するために作られたということです。
今まではそれを認めたくても、婚姻の外形を取れなければ日本国籍を付与できませんでした。
しかし、すでに母親は別の男性と結婚しているような場合、結婚はできません。
そのような子供を救うために作られたといっても過言ではないと思います。

しかし、婚姻という既成事実すら、わざわざ形成する必要がなくなったことで、
このようなケースを装う偽装認知が大量に発生することは確実です。

しかも、それをどうやって見破るのか、それもまた問題です。

渡航歴は当然調べるでしょう。しかし、口裏を合わされたら普通に見破れないでしょう。
さらに、母親は海外にいるため、わざわざ調査員が海外に飛んで調べなくてはなりません。

…これでは確実に見破ることはできませんw

さらに、年齢制限を設けなかったことも問題だと思います。

これはもともと、今まで上記のケースで日本国籍を与えられなかった人たちを救うためのものです。

しかし、これもまた偽装認知につながる重要な抜け穴になると思います。
何十年も前のことになると、調査はより難航することは確実だと思います。

さらに、DNA鑑定をなぜ設けなかったかということも問題だと思います。

そもそもDNA鑑定は認知を争う裁判で、最もよく行われる鑑定方法です。
それというのもDNA鑑定は精度が高く、裁判で有力な物的証拠として扱われるからです。

このような実績のあるDNA鑑定を、なぜ行わないのか疑問でしょうがありません。
これでは偽装認知をどんどんしろといっているようなものです。

このような意図的に日本人の主権を脅かす法律は、絶対に認められてはならないものだと思います。

しかし、ここで自分はちょっと考えました。

そもそも、この法案を決めたのは麻生内閣です。
麻生首相がしっかりしていればもっと議論の余地があったはずです。

麻生首相といえば、首相就任当日に公明党に挨拶に行ったり、村山談話を踏襲するといったり、
田母神氏を庇うことなく更迭したりと、ここまで多くの人の期待を裏切り続けています。

また、給付金問題でも永住朝鮮人にまで配布を決定するなど、売国路線まっしぐらです。

さらに、昨日の民主党の小沢代表との会談のせいで、麻生首相と自民党の反対派の議員の人が
集まれなかったとされていますが、これも実は麻生首相から小沢代表に
持ちかけたのではないかとさえ思いだしてきました…

小沢代表との会談ということであれば、反対派の集会に出席しなくて済むいい口実になるし、
自分が賛成派だと知られなくて済むからです。

…これ以上おかしな政策を連発するようだと、麻生首相もだめなのかと思ってしまいそうです。

麻生首相には、もっと国を守るという自覚を持って欲しいと思います。


…それにしても法務省はどうしてしまったのでしょうか。
ここの所悪法ばかり作り出しています。
ひとつは裁判員制度、もうひとつは新司法試験制度及び法科大学院制度です。
このいずれも評判は最悪で、韓国なんかは日本の法科大学院制度を反面教師にしたほどです。

何でこんなことになってしまったのでしょうか、法務省は。
もしかして、わざとでしょうか?w

関連記事:
国籍法改正案が衆院で可決、自民一部議員が採決前に退席(読売新聞)
「本会議では自民党の赤池誠章、西川京子、牧原秀樹衆院議員が採決前に退席した。
本会議に先立つ衆院法務委員会で、自民党は反対の姿勢を示していた赤池氏を差し替えた。
 牧原氏ら3議員は「多くの国民が改正案に反対の意思表明をしている。もう少し審議をすべきだ」などと退席の理由を語った。(読売新聞より引用)」

ようやく読売も報じました。遅すぎますけど。
しかし、赤池氏を差し替えたのは、麻生首相の指示でしょうか…
また、反対したのがたった3議員って…他の反対派の議員の方はいったい?w

所詮、国会議員は国会議員だったということでしょうか。

とにかく今は少しでも多くの国民の人にこのような悪法が成立したということを
知って欲しいと思います。

関連記事

有名ブログへのリンクです↓

にほんブログ村 政治ブログへ

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

国籍法改正法案が衆院を通過してしまいました…。

「国籍法改正案が衆院通過 2008年11月18日(火)13時11分配信 時事通信 親の結婚を国籍取得の要件とする規定を削除する国籍法改正案は18日午後の衆院本会議で、全会一致で可決、参院に送付された。今国会で成立する見通しだ。 日本人の父と外国人の母をもつ子の日本国?...

改正案「衆院通過」一考

真の国作りはこれから! 有志、国思う議員諸氏の歯止めに感謝 国籍法改正案が衆院で可決、自民一部議員が採決前に退席  日本人と外国...

コメント

非公開コメント

こんばんは!
今回の件は非常に残念ですね…。
まだまだ改善の余地のある法案ですから、そこを訴えていきましょう!

麻生首相に対してはまだ信じたい気持ち半分。がっかりした気持ち半分というところですね…。

まだ就任から2ヶ月足らずですからね。これからを注視していきたいと思っております。

No title

豪さんコメントありがとうございます。

豪さんのおっしゃるとおり、麻生首相はまだ就任してから間もないので
自分も麻生首相のこれからに期待しようと思います。

危うく見方を誤るところでした。どうもありがとうございましたm(__)m


このブログについて

山梨次郎

Author:山梨次郎
FC2ブログへようこそ!
生まれも育ちも四街道の四街道市民です。

トラックバック・相互リンクはお気軽にどうぞ。
また、何かありましたら下のメールフォームからお願いいたします<(_ _)>

検索フォーム
☆是非ヒブワクチンの定期接種化を☆
人気ブログが一目でわかる(^^)/


にほんブログ村 政治ブログへ
画像をクリックしてみてください♪
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
RSSリンク
情報サイト
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お勧めサイト&ブログ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも一覧

韓国・北朝鮮について知るブログ

世の中って不思議でいっぱい

寄居運輸区管理員のブログ

物井や四街道の風景

一期一会な祭りと寺院
個人的巡回リンク
全国紙
朝日新聞
毎日新聞
読売新聞
産経新聞
日本経済新聞

ビジネスニュースサイト
ダイヤモンドオンライン
日経BP
Business Media 誠
東洋経済
ITmedia
ダイヤモンド・ザイ
NNA
ブルームバーグ
日本農業新聞
WSJ
日刊工業新聞
日刊産業新聞
財経新聞
フジサンケイビジネスアイ

通信社
時事通信
ロイター通信
AFPBB News
聯合ニュース
新華社

政党公式HP
新党日本
日本未来の党
緑の党
日本維新の会
たちあがれ日本
自民党
社民党
国民新党
みんなの党
民主党
新党日本
維新政党・新風
日本創新党
日本共産党
新党きづな
新党大地・真民主

政党機関紙
自由民主
公明新聞
しんぶん赤旗

インターネット新聞
J-CASTニュース
ツカサネット新聞
PJNEWS
ナリナリドットコム
JanJan

その他主な検索サイト
livedoorニュース
CNN
@nifty
Google ニュース
Yahoo Japan

医療ニュースサイト
Japan Medicine
薬事日報
日経メディカルオンライン
ロハス・メディカル

地方紙
千葉日報
北海道新聞
デーリー東北
河北新報
岩手日報
東奥日報
秋田魁新報
山形新聞
福島民報
福島民友
陸奥新報
茨城新聞
下野新聞
上毛新聞
埼玉新聞
東京新聞
山梨日日新聞
神奈川新聞
新潟日報
信濃毎日新聞
北日本新聞
北國新聞
福井新聞
岐阜新聞
静岡新聞
中日新聞
滋賀報知新聞
京都新聞
大阪日日新聞
神戸新聞
奈良新聞
紀伊民報
日本海新聞
山陰中央新報
山陽新聞
中国新聞
山口新聞
徳島新聞
四国新聞
愛媛新聞
高知新聞
西日本新聞
佐賀新聞
長崎新聞
熊本日日新聞
宮崎日日新聞
南日本新聞
大分合同新聞
西日本新聞
沖縄タイムス
琉球新報

動画ニュースサイト
日テレNEWS24
NHKニュース
FNN
NEWS-i

スポーツ紙
日刊スポーツ
スポーツニッポン
スポーツ報知
サンケイスポーツ
道新スポーツ
デイリースポーツ
東京スポーツ

夕刊紙
日刊ゲンダイ
夕刊フジ

パチンコ(朝鮮玉入)
@グリーンべると
社団法人日本遊技関連事業協会
遊戯産業不正対策情報機構
全日本遊技事業協同組合連合会
遊技産業健全化推進機構
遊戯通信スクエア
パチンコチェーンストア協会

中国ニュースサイト
Record China
サーチナ
大紀元
ダライ・ラマ法王日本代表部事務所
日本新華僑サイト

朝鮮工作機関
在日本朝鮮人総聯合会
民団新聞

朝鮮半島メディア
統一日報
朝鮮日報
中央日報
朝鮮新報
東亜日報
世界日報
KBS WORLD Radio
東洋経済日報

共同通信
QRコード
QR
FC2投票
無料アクセス解析
ブログ内検索
カスタム検索
四街道情報掲示板
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。