Loading...

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有名ブログへのリンクです↓

にほんブログ村 政治ブログへ

小池氏の政策は財源を全く示していない(四街道市長選挙(4)





ようこそ 小池まさたかのホームページへ
今度の市長選挙に立候補した小池正孝氏が、マニフェストを発表されました。

↓また、市のホームページでも市長選挙について発表されています
四街道市長選挙のお知らせ


早速小池氏の政策を読んだのですが、案の定というか、都合のいい話ばかりだという感じです。

肝心の財政問題については、全く触れられていません。

これらの政策を示す前に、その根拠となる財源について
説明して欲しかったというのが正直な感想です。


リンク先にあるマニフェストのなかで、特に非現実的なものをあげてみます。

まず、今後市の財政が厳しくなると予想される中で、福祉予算の拡充とはどういうことか。
まずはそれらの出所となる財源と、そのメリットについて説明すべきでしょう。

次に、四街道駅南口の整備の遅れについてですが、
何か具体的な策があるなら、それをまず示して欲しいです。

第2グリーンタウンの都市計画道路については、計画が中止となるならば、
今現在途中まで進んでいるあの道路はどうなるのでしょうか。
中途半端にあのままにしておくつもりでしょうか。
そこのところを説明して欲しいです。

ところで、さらに非具体的で、よくわからないマニフェストがあります。

>① 必要なところに有効に税金を使う行財政改革を確立します。
 ④ 福祉予算の拡充とマンパワーの確保を図っていきます。
 ⑤ 高橋市政のもとで人も予算も削られた四街道市社会福祉協議会の拡充発展も図っていきます。
 
これらなんですが、具体的にはどういうことでしょうか。
①については、どこも必要なところといえば必要ですし、常に財源とのバランスの問題であるわけですし、??という感じです。

④については、マンパワーの確保というところがよくわかりません。
より多く人を雇うということでしょうか。具体的な人数を出して欲しいものです。そうでなければ、
単なるばら撒き政策では、と思えてしまいます。

⑤これも福祉ですかw
どこまで福祉を拡充させれば満足といえるのでしょうか。
具体的な目安を示して欲しいです。

…細かいところをごちゃごちゃ書いてきましたが、結局は財源の問題に行き着くわけなんですよね。

お金さえあれば、小池氏の政策はおろか、四街道市民の願いはすべて実現できると思います。
ただ、そのお金がないから、現市長である高橋市長も苦労しているわけで。

その財源問題について触れていない小池氏の政策はそもそも非現実的だと言わざるを得ません。

さらに言えば、若者に向けた政策が示されていないというのも気がかりです。
小池氏は、若者の事を何も考えていないのでしょうか。

…この四街道市が本当に苦しい時期に、敢えて市長に立候補された小池正孝さんは、
本当に四街道のことを心配してくれているのだな、と自分も思います。

それだけに、これらの政策の有効性が感じられないのが残念でなりません。

もっと四街道市全体の将来について、政策を示して欲しかったのですが…


関連記事

有名ブログへのリンクです↓

にほんブログ村 政治ブログへ

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

コメント

非公開コメント

小池さんのマニフェスト

財源は高橋現市長が何億も使って建設予定のハコ、モノ建設予算を転用するんでは?  親族に建設関連の方が居る(?)せいか何が何でも税金で何かの建設を企てる住民無視の現市長より、市民の身近なことに税金の用途を向けると言う姿勢に共感を感じます。

確かに

通りすがりさん、書き込みありがとうございます。

>市民の身近なことに税金の用途を向けると言う姿勢に共感を感じます。

おっしゃるとおりだと思います。

ただ、
・姿勢だけでは政治はできないのではないか
・具体性が余りにも欠けているため、口先だけの空約束ではないか

この2点が、自分としては不安に思うところです。

説得力を持たせるためには、、これらの政策の裏づけを示すことが必要なのではないか、と自分は思います。

>親族に建設関連の方が居る(?)せいか何が何でも税金で何かの建設を企てる住民無視の現市長

高橋市長の親類に建設関係の方がいるかどうかはわかりませんが
住民を無視していたというわけではないと思いますよ。

交流センター建設のことをおっしゃっているのかどうか分かりませんが、
交流センターに関しては、高橋市長以前から計画されていたものです。

住民に対しての説明会も何度も開かれましたし、一度は市議会でも承認されました。

というか、交流センターはもともと四街道市が合併をしない代わりに
市のシンボルとして建設する予定だったものです。

ところが、合併賛成の高橋市長が再選されてしまったため、問題がこじれてしまったわけなんです。

No title

小池さんのマ二フェストについてのご感想は分かりましたが、高橋さんのビジョン2008についてのご意見も伺いたいものです。

長文すいません

nannnoさん、書き込みどうもありがとうございます。

高橋氏の場合は、現役の市長さんなので、今までの仕事ぶりや、現在進行中の計画などと総合して考えればいいのではないかと思い、あまり細かく感想を書きませんでした。

逆に、小池氏の政策に対し細かく感想を書いたのは、市長としての経験が小池氏にはないため不安に思ったためです。

ただ、長年合併問題や交流センター問題・ゴミ処分場問題などで
共通のテーマであった四街道市の将来的な財源問題に対し、どちらも触れていないのが気にかかりました。

結局何のために四街道市が揉めて来たのか、わかりません。

また、高橋氏は保育園の民間委託をあきらめてしまったのかどうかも納得がいかないところです。
これでは交流センター建設のために保育所を切り捨てようとしたのではと思われても仕方ないと思います。

あと、南小学校の新築についてですが、なぜ新築したのか疑問です。
朝日小学校のほうがすごい古そうなんですけどこっちは改築もしてないし…


No title

気になりましたので、つづけて伺います、ご容赦のほどお。
財源をどうするのか、というコメントが大変多いのですが、貴兄は、どこに、あるいはどのようにして
財源を見つけよう、つくろうと、お考えなのでしょうか?ご意見伺えればありがたいのですが。

No title

nonnoさん、書き込みどうもありがとうございます。

自分としては、
やはり四街道市議の人数をもっと減らさなければいけないと思います。

交流センターを巡る住民投票では、交流センター建設を認めたにもかかわらず、直前になって住民投票を認めるなど、市議会自体が四街道市の民意とかけ離れているということを露呈してしまいましたし。

また、今年2月に行われた市議会選挙では得票数が千票に満たない議員もいて、今のままの議員数は四街道市にとって必要といえるのかどうか、疑問に思いました。

でも、やはり一番大切なのは、市民一人一人が市政にもっと関心を持つことだと思います。

もっと市民の目が厳しくなれば、議員も市民の声にもっと敏感になると思うし、市のレベルももっと上がると思います。

四街道市に住んでいる方の中には、仕事などにどうしても時間が取られてしまう方も多いと思い、なかなか時間は取れないと思うのですが、何とか市政に関心を持ち続ける必要があるのではと思います。

No title

お答えありがとうございます。どうやら財源の一つに、議員削減というお考えをお持ちのようです。
ご承知のように、、民主主義国家において、一市民と行政の間にあって代議員=議員は欠くべからざる
存在です。問題なのはその適正な数なのかどうかという問題だと思います。四街道市においてそれが適正なのか否か?について貴兄はNO である、多すぎるというお考えをお持ちのようです。
しかし、わたしはこれ以上減らしてほしいとは思ってはいません。千票にも満たない者といいますが、これ以上議員数を減らせばますます議員は市民意識から離れていきます。千葉市では四街道市の四倍の市民に一人の議員数となっています。その結果投票率は30から40の間で推移しています。市民にとって議会は遠くなっています。
一例として、センター問題における議員採決の反転を指摘されていますが、このセンターは25年前から市民の要望、特に小ホールの建設として出されていたものです。その流れを汲んで、いったん賛成の採決が為されたのです。しかし、今日の経済、社会、状況を勘案するとあまりにも無駄であるという民意に納得し反対に動いたものです。これこそ議会がその正常性を証明した一例であると思っています。
皆さんそれぞれ考えるところがあると思います。しかし議員削減を財源の一つとはわたしはまったく考えない者です。いささかお聞き苦しいところもあろうかとは思いますが。

返事が遅くなりましたm(__)m

nonnoさん書き込み、ありがとうございます。

>これ以上議員数を減らせばますます議員は市民意識から離れていきます。千葉市では四街道市の四倍の市民に一人の議員数となっています。その結果投票率は30から40の間で推移しています。市民にとって議会は遠くなっています。

それは興味深いですね。
四街道市も前回から市議が2人減った今回の選挙だったわけですが、
投票率は前回と比べ、ガタ落ちしましたし。

もしも議員数を減らすことが、逆に議会が市民から遠ざかってしまうとするなら、議員数を減らすことは適当ではないかもしれません。

しかし、議員数を維持しなければならない理由もまたないと思います。

確かに多くの議員数を確保することで、より細やかな市民の意見が反映されやすいというメリットがあると思います。

ただ、数がそれだけ多いということは、議員の質の低下にもまたつながると思います。

選挙のときだけ必死になって、普段は何もしていないと思える議員が
とても多いと自分は感じています。

また、飲酒運転をして書類送検された市議もいて、今回の選挙では惜しくも次点という、驚くべき結果となりました。
このようなモラルの欠如が明らかな人物が次点ということが議員の質の低さを表していると思います。


また、議員数が多ければやはり投票率もその分高くなるかもしれません。
しかし、一人当たりの得票率はそれほど増えるはずもなく、
結局、組織票に対する効果の程は、たかが知れていると思います。

このようなことから、

「投票率が高い=健全な状態」

ということが、一概にはいえない点が重要だと思います。

つまり、投票率が高くても、市民に近い議会であるとは、必ずしもいえないと思います。

このように、ただ投票率が下がるから、という理由だけでは
市議の数を減らすことの理由にはならないと、自分は思います。


>センター問題における議員採決の反転を指摘されていますが、このセンターは25年前から市民の要望、特に小ホールの建設として出されていたものです。その流れを汲んで、いったん賛成の採決が為されたのです。しかし、今日の経済、社会、状況を勘案するとあまりにも無駄であるという民意に納得し反対に動いたものです。これこそ議会がその正常性を証明した一例であると思っています。

このときの議会の動きに関しては、どう考えても納得のいくものではないと思います。

議会が正常に機能=きちんと民意を汲み取っていたのならば、それこそ
もっと早い段階で計画自体が修正がされていて当然だと思います。

そもそも交流センター建設にストップを掛けたのは、市民からの直接の請求があったからで、もしそれがなければ交流センターが何事もなかったかのように建設されていたことを考えると、議会の役割について疑問を感じざるを得ません。

現になぜか市民から反対の声が上がらなかった単なるハコモノである南小学校の新築(朝日小学校は耐震補強もまだ)や、
千代田保育園の民営化問題(人口に対し明らかに不釣合)など、市民の声がなければないでただ承認するだけ、市民からクレームがつけば急遽議会もそれに習うといったような、何のためにあるのかすらわからないような状態が続いています。
今年に入って
政務調査費の増額が、あっさりと可決されたということもありました。

このようなことから自分は現在の議会の状態は、決して正常とはいえないと思います。


>皆さんそれぞれ考えるところがあると思います。しかし議員削減を財源の一つとはわたしはまったく考えない者です。いささかお聞き苦しいところもあろうかとは思いますが。

結果的に財源問題に対し、その前の段階で必要なことだと考えていたのであって、財源の一つとして自分は考えてはいません。
きちんと議会を民意が反映されるような状態にすることで結果として財源問題にプラスになるということです。
言葉が足らずすいませんでした。

こちらのほうこそ文も長くなってしまい、読みづらい文しか書けず、
読み手の方に、にある程度の忍耐力を求める文しか書けず申し訳ないと思います。

No title

管理人さん、非常に知的な方とお見受けしました。
市長選の結果は結果ですが、議員数の議論について一言。
ご存知かも知れませんが、議員定数削減の話がでると、上で語られている理由が往々にして出てきますが、その更に奥には政党の台所事情があったりしますよ。
議員のレベルごとに上納金が決まっていて、それにかなり依存している共産党は、議員定数削減に反対せざるを得ないです。現に、共産党提案で定数削減とか共産党が定数削減条例に賛成、というのはレアだと思います。

No title

ついでに。
市長選においては「マニフェスト」は存在しませんでした。
期限と財源・数量といった定量的な要素が明確でないからです。
あったのは「なんちゃってマニフェスト」。

返事が遅くなってしまいました…

通りすがりさんコメントありがとうございます。

>ご存知かも知れませんが、議員定数削減の話がでると、上で語られている理由が往々にして出てきますが、その更に奥には政党の台所事情があったりしますよ。

議員のレベルごとに上納金が決まっていて、それにかなり依存している共産党は、議員定数削減に反対せざるを得ないです。現に、共産党提案で定数削減とか共産党が定数削減条例に賛成、というのはレアだと思います。

それは、政党交付金のようなものでしょうか?

なるほど、そういったお金が政党に交付されているというのならば、
議員定数削減を認めたがらないということも納得がいきますね…

また、もしもそのような考えを根底に持って議員をやっている
のだとしたら、市民にとって有害以外の何者でもありませんね…

議員の方には、自らの首を絞めることは難しいと思いますが、
市民の意見をきちんと代弁してほしいです。

>市長選においては「マニフェスト」は存在しませんでした。
期限と財源・数量といった定量的な要素が明確でないからです。
あったのは「なんちゃってマニフェスト」。

確かにそうでしたね…

小池新市長の動向が気になります…

No title

>それは、政党交付金のようなものでしょうか?

>なるほど、そういったお金が政党に交付されているというのならば、
議員定数削減を認めたがらないということも納得がいきますね…

そうではなくて、役所から議員報酬として受け取る一部を、定額・定期的に寄付として党に納付させるシステムです。

それは大変な制度ですね…

通りすがりさん、コメントいただきありがとうございます。

>そうではなくて、役所から議員報酬として受け取る一部を、定額・定期的に寄付として党に納付させるシステムです。

そうでしたか。
そのようなシステムがあるとは全く知りませんでした。
教えていただいて、どうもありがとうございました。

しかし、半ば強制的にお金を寄付させるなんて
全く民主的ではないですね。

日本の自衛隊にだけ文句を言って中国軍には文句を言わない
のと同じように、共産主義とはやはり民主主義とは相容れないものなのだと、再認識しました。
このブログについて

山梨次郎

Author:山梨次郎
FC2ブログへようこそ!
生まれも育ちも四街道の四街道市民です。

トラックバック・相互リンクはお気軽にどうぞ。
また、何かありましたら下のメールフォームからお願いいたします<(_ _)>

検索フォーム
☆是非ヒブワクチンの定期接種化を☆
人気ブログが一目でわかる(^^)/


にほんブログ村 政治ブログへ
画像をクリックしてみてください♪
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
RSSリンク
情報サイト
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お勧めサイト&ブログ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも一覧

韓国・北朝鮮について知るブログ

世の中って不思議でいっぱい

寄居運輸区管理員のブログ

物井や四街道の風景

一期一会な祭りと寺院
個人的巡回リンク
全国紙
朝日新聞
毎日新聞
読売新聞
産経新聞
日本経済新聞

ビジネスニュースサイト
ダイヤモンドオンライン
日経BP
Business Media 誠
東洋経済
ITmedia
ダイヤモンド・ザイ
NNA
ブルームバーグ
日本農業新聞
WSJ
日刊工業新聞
日刊産業新聞
財経新聞
フジサンケイビジネスアイ

通信社
時事通信
ロイター通信
AFPBB News
聯合ニュース
新華社

政党公式HP
新党日本
日本未来の党
緑の党
日本維新の会
たちあがれ日本
自民党
社民党
国民新党
みんなの党
民主党
新党日本
維新政党・新風
日本創新党
日本共産党
新党きづな
新党大地・真民主

政党機関紙
自由民主
公明新聞
しんぶん赤旗

インターネット新聞
J-CASTニュース
ツカサネット新聞
PJNEWS
ナリナリドットコム
JanJan

その他主な検索サイト
livedoorニュース
CNN
@nifty
Google ニュース
Yahoo Japan

医療ニュースサイト
Japan Medicine
薬事日報
日経メディカルオンライン
ロハス・メディカル

地方紙
千葉日報
北海道新聞
デーリー東北
河北新報
岩手日報
東奥日報
秋田魁新報
山形新聞
福島民報
福島民友
陸奥新報
茨城新聞
下野新聞
上毛新聞
埼玉新聞
東京新聞
山梨日日新聞
神奈川新聞
新潟日報
信濃毎日新聞
北日本新聞
北國新聞
福井新聞
岐阜新聞
静岡新聞
中日新聞
滋賀報知新聞
京都新聞
大阪日日新聞
神戸新聞
奈良新聞
紀伊民報
日本海新聞
山陰中央新報
山陽新聞
中国新聞
山口新聞
徳島新聞
四国新聞
愛媛新聞
高知新聞
西日本新聞
佐賀新聞
長崎新聞
熊本日日新聞
宮崎日日新聞
南日本新聞
大分合同新聞
西日本新聞
沖縄タイムス
琉球新報

動画ニュースサイト
日テレNEWS24
NHKニュース
FNN
NEWS-i

スポーツ紙
日刊スポーツ
スポーツニッポン
スポーツ報知
サンケイスポーツ
道新スポーツ
デイリースポーツ
東京スポーツ

夕刊紙
日刊ゲンダイ
夕刊フジ

パチンコ(朝鮮玉入)
@グリーンべると
社団法人日本遊技関連事業協会
遊戯産業不正対策情報機構
全日本遊技事業協同組合連合会
遊技産業健全化推進機構
遊戯通信スクエア
パチンコチェーンストア協会

中国ニュースサイト
Record China
サーチナ
大紀元
ダライ・ラマ法王日本代表部事務所
日本新華僑サイト

朝鮮工作機関
在日本朝鮮人総聯合会
民団新聞

朝鮮半島メディア
統一日報
朝鮮日報
中央日報
朝鮮新報
東亜日報
世界日報
KBS WORLD Radio
東洋経済日報

共同通信
QRコード
QR
FC2投票
無料アクセス解析
ブログ内検索
カスタム検索
四街道情報掲示板
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。