Loading...

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有名ブログへのリンクです↓

にほんブログ村 政治ブログへ

なぜ起立して君が代を歌わないのか

芽室町教委 「君が代」斉唱指導通知 入学式での児童着席問題視
この記事を読んで思ったことは、どのような気持ちで子供たちは着席したのだろうかということです。

自分は、子供たちが何か考えがあって着席したことは立派だと思います。
たとえ、それがただ教え込まれただけの、まったく意思のない行動だとしてもです。
後々この行動を振り返って反省することができます。
マインドコントロールをとくことは容易ではないですが。

重要なのは子供たちがこの行動をどう考えるかです。

当たり前なのですが、まずこの子供たちはどのくらい命令に対し反抗できるのかが重要だと思います。
子供たちにとって、教師からいつも理不尽な命令をされていると思います。
そのときに教師に対し堂々と反対の行動に出ることができるのでしょうか。
整列しろといわれ、整列しないでどこかへ行く、本を読めといわれて読まずに着席する。
ほとんどの子供は渋々命令に従っているはずです。

ところがなぜか今回は命令に従わないばかりか、このような行動に出ました。
ここには指導教員の明確な意思が働いていたと考えるべきでしょう。

次に、子供たちは自分で考えた行動をとったとします。
では、結果に対しても責任を取ることができるのでしょうか。
この子供たちは式の円滑な進行を妨げ、君が代を歌わず一生に一度しかない記念の儀式を
台無しにしました。このことに対して気分がよくない児童もいたはずです。
親も子供の大事な儀式を台無しにされたと思うでしょう。

そうなると、この子供たちは、どのように責任を取るつもりなのでしょうか。
このような行動に出れば多くの人に多大な迷惑をかけることは十分考えることができたはずです。
なぜ行動することしか考えられなかったのでしょうか。

一連の論理の流れが明らかに一部欠如しています。
そもそも、歌いたくないなら歌わなければいいだけの話で口ぱくでもいいはずです。

そこに、わざわざ着席するという行動をとった以上、自分の意思を明確にする以上に他人の気持ちを傷つけることになります。
ここでも、明らかに教師による意思の介在が認められると思います。

国歌というのはその国の国籍を持つ人間ならば誰もが歌わなければいけないものであって
そこに命令などは存在してはならないし、存在するはずもありません。

国歌である君が代がどんなに嫌いでも、歌わなければなりません。これはその国の国籍を持つ人間の義務です。
いい悪いの問題ではないのです。

よくたとえに出されるのですが、アメリカ人は国家をとても誇りに思っているそうです。
なぜか。アメリカは多くの民族からなる国で、多くの利害関係にある国の民族が共存して暮らす国家だからです。

アメリカ人同士で争わないためにも、出自の民族の思いを抱えながらも、アメリカという国に忠誠を誓う、それが国家を歌うということなのです。

この子供たちに言いたいことは、本当に自分たちの行動は正しかったのか、よく考えその理由を明確に述べてほしいと思います。
また、これから日本人として生きていくうえで、日本という国を本当にいい国にするならどうすればよいのかを考えてほしいと思います。
次代の日本を担うのはこれらの子供たちなのですから。

また、教師に対しては、本当の意味で子供たちに考える力をつける教育をしてほしいと思います。
このような押し付けた教育の成果を自慢されてもあきれるばかりです。

最近立川市で反戦ビラを配って最高裁で有罪が確定した判決がありましたが、同じように
このような教師は子供たちの教育を受ける権利を侵害しているといっても過言ではないと思います。

教師は指導要領に沿った教育のみ行うことを心がけるようにしてもらいたいと思います。
今回のように個人的な思想を押し付けるのは教育とはいいません。

↓他の人気ブログへのリンクです。



関連記事

有名ブログへのリンクです↓

にほんブログ村 政治ブログへ

テーマ : 政治・地方自治・選挙
ジャンル : 政治・経済

コメント

非公開コメント

国家ではなく国歌では?

No title

同感です。
日本は中華人民共和国と違って、思想信条の自由も保障されていれば、政府を批判しても問題はありません。
しかし、自由があるからと言って、式典など公の場を私の思想尋常の披露の場にして良いわけではなく、他の人に迷惑をかけるような披露も論外です。(右翼の街宣車とかは、よく叩かれてますな)

「君が代」が国歌であることは、法律に明記されており、この法律は改変可能なのですから、問題があるのならば、堂々と国会に働きかけ、法律を変えれば良いのです。

えのまんさんへ

えのまんさん、わかり易い書き込みどうもありがとうございます。
えのまんさんの言われるとおり、日本国民である以上日本国憲法に従うのは当然だと思います。
また、集団教育の場である小学校でこのような式を妨害する行動に子供たちが出たということは問題だと思います。
他人に迷惑を掛けないこと、これを最初に学ぶべきです。
なのにこのような迷惑行為を行ったということは教育が行き届いていないということです。
この学校の教師は子供に何を教えたのか反省すべきだと思います。
このブログについて

山梨次郎

Author:山梨次郎
FC2ブログへようこそ!
生まれも育ちも四街道の四街道市民です。

トラックバック・相互リンクはお気軽にどうぞ。
また、何かありましたら下のメールフォームからお願いいたします<(_ _)>

検索フォーム
☆是非ヒブワクチンの定期接種化を☆
人気ブログが一目でわかる(^^)/


にほんブログ村 政治ブログへ
画像をクリックしてみてください♪
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
RSSリンク
情報サイト
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お勧めサイト&ブログ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも一覧

韓国・北朝鮮について知るブログ

世の中って不思議でいっぱい

寄居運輸区管理員のブログ

物井や四街道の風景

一期一会な祭りと寺院
個人的巡回リンク
全国紙
朝日新聞
毎日新聞
読売新聞
産経新聞
日本経済新聞

ビジネスニュースサイト
ダイヤモンドオンライン
日経BP
Business Media 誠
東洋経済
ITmedia
ダイヤモンド・ザイ
NNA
ブルームバーグ
日本農業新聞
WSJ
日刊工業新聞
日刊産業新聞
財経新聞
フジサンケイビジネスアイ

通信社
時事通信
ロイター通信
AFPBB News
聯合ニュース
新華社

政党公式HP
新党日本
日本未来の党
緑の党
日本維新の会
たちあがれ日本
自民党
社民党
国民新党
みんなの党
民主党
新党日本
維新政党・新風
日本創新党
日本共産党
新党きづな
新党大地・真民主

政党機関紙
自由民主
公明新聞
しんぶん赤旗

インターネット新聞
J-CASTニュース
ツカサネット新聞
PJNEWS
ナリナリドットコム
JanJan

その他主な検索サイト
livedoorニュース
CNN
@nifty
Google ニュース
Yahoo Japan

医療ニュースサイト
Japan Medicine
薬事日報
日経メディカルオンライン
ロハス・メディカル

地方紙
千葉日報
北海道新聞
デーリー東北
河北新報
岩手日報
東奥日報
秋田魁新報
山形新聞
福島民報
福島民友
陸奥新報
茨城新聞
下野新聞
上毛新聞
埼玉新聞
東京新聞
山梨日日新聞
神奈川新聞
新潟日報
信濃毎日新聞
北日本新聞
北國新聞
福井新聞
岐阜新聞
静岡新聞
中日新聞
滋賀報知新聞
京都新聞
大阪日日新聞
神戸新聞
奈良新聞
紀伊民報
日本海新聞
山陰中央新報
山陽新聞
中国新聞
山口新聞
徳島新聞
四国新聞
愛媛新聞
高知新聞
西日本新聞
佐賀新聞
長崎新聞
熊本日日新聞
宮崎日日新聞
南日本新聞
大分合同新聞
西日本新聞
沖縄タイムス
琉球新報

動画ニュースサイト
日テレNEWS24
NHKニュース
FNN
NEWS-i

スポーツ紙
日刊スポーツ
スポーツニッポン
スポーツ報知
サンケイスポーツ
道新スポーツ
デイリースポーツ
東京スポーツ

夕刊紙
日刊ゲンダイ
夕刊フジ

パチンコ(朝鮮玉入)
@グリーンべると
社団法人日本遊技関連事業協会
遊戯産業不正対策情報機構
全日本遊技事業協同組合連合会
遊技産業健全化推進機構
遊戯通信スクエア
パチンコチェーンストア協会

中国ニュースサイト
Record China
サーチナ
大紀元
ダライ・ラマ法王日本代表部事務所
日本新華僑サイト

朝鮮工作機関
在日本朝鮮人総聯合会
民団新聞

朝鮮半島メディア
統一日報
朝鮮日報
中央日報
朝鮮新報
東亜日報
世界日報
KBS WORLD Radio
東洋経済日報

共同通信
QRコード
QR
FC2投票
無料アクセス解析
ブログ内検索
カスタム検索
四街道情報掲示板
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。