Loading...

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民主党と反日プロ市民は沖縄を食い物にするのをいい加減辞めるべき

民主党 沖縄県知事選で候補者擁立を断念へ 政権与党の責任を放棄(2010.10.20 23:48 産経新聞)
普天間基地の移設問題で揺れに揺れている沖縄県ですが、政権交代のための政争の具として
あれほど利用した民主党ですが、なんと沖縄県知事選挙には候補者を擁立しない
事を決めたようですが、とんでもないことだと思います。

野党の時にはあれほど移設に反対していたにもかかわらず責任のある与党になった途端に
責任を放棄するとは、あきれてものも言えません。

民主党は先の衆議院選挙でも八ッ場ダムの建設の反対を明言していたにもかかわらず、
群馬県の選挙区では候補者を擁立しなかったことは記憶に新しいと思います。

自分達が問題をめちゃくちゃにしておきながら、都合の悪い民意はわざと聞こえない・聞かない振りをする
自称国民生活が第一の民主党。

少しでも沖縄県民に申し訳ないと思うのなら、潔く候補者を擁立すべきです。

もっとも管首相はこんなことを言っていますが…

菅首相「基地問題どうにもならない」「もう沖縄は独立した方がいい」と発言 喜納参院議員が暴露(2010.6.15 23:57 産経新聞)
>首相は「沖縄問題は重くてどうしようもない。基地問題はどうにもならない。もうタッチしたくない」と漏らし、最後は「もう沖縄は独立した方がいい」と言い放ったという

一国の首相ともあろう者が過去にこのような発言をしていたとは驚きです…
しかも、沖縄問題はもうどうにもならないという認識では、
沖縄問題が進展するはずもありません…


そうこうしているうちに、民主党によって日米合意が破棄された混乱に乗じて、沖縄では反日活動が
ますます活発になっているようです…

以下反日プロ市民に関する記事です:
皇太子ご夫妻“襲撃”元活動家が名護市市議に当選 辺野古に反米・反日グループ集結?(2010.10.9 22:45 産経新聞)
>ある地元民は「全国から退職教職員が夫婦で名護に来て選挙活動を展開していた」と、名護が活動家の拠点になる可能性を危惧(きぐ)している
>ある自営業者(61)は「最近、県外から活動家らしい人物が集結しているようだ。反対運動を展開していた地元のオジーやオバーも反対運動から排除されつつあるという話を聞いた。県外から反対活動家が集まり、辺野古が反対運動の拠点になるのではないかと不安だ」と語る

【首相辞任】普天間問題 沖縄で「反対闘争が激化する」と懸念(2010.6.2 18:12 産経新聞)
>県民の間では「メディアでは報道されないが、基地反対闘争を展開している人の話を聞いていると、本当に県民のこと考えているのか疑いたくなる」(タクシー運転手)という声も根強い

【揺らぐ沖縄】児童の安全より反対運動優先か 基地隣接の小学校移転(2010.1.9 23:26 産経新聞)
>市民団体などから「移転は基地の固定化につながる」などと抗議が殺到した
>「市民団体などは基地反対運動をするために小学校を盾にし、子供たちを人質にした」
>校舎の老朽化で天井などのコンクリート片が落下して児童に当たる危険性が出たため、基地から離れた場所に学校を移転させる意見が住民から再び持ち上がった。だが、やはり市民団体などに「移転せずに現在の場所で改築すべきだ」と反対され、移転構想はストップした

保坂のぶとさん、佐倉に来る!】(6月6日(日) 大野博美千葉県議のブログ)
>冒頭で「世界一危険な普天間基地に行ったことのある人はいますか?」と会場に聞いた。すると、10人以上の手があがり、保坂さんビックリ。ふつうは一人か二人くらいだそうな。実はさくらネットでは一昨年、沖縄平和ツアーを企画し20数人が参加している。そのうちの何人かが今日会場に来てくれたというわけだ


このように、沖縄県では今プロ市民などの活動家による反日反米活動が公然と
行われているようです。

その活動はすでに地元の人達のためではなく、自分達の目的達成が第一となっており、
とても容認することは出来ないと思います…

また、県外どころか、なんと国外からも反日活動からが退去して押し寄せてきているようです…

反基地へ闘争支持 韓国から21人、5・15平和行進(2008年5月16日 琉球新報)
>「韓国や沖縄に基地があれば、そこでの戦争の有無にかかわらず、イラク国民を攻撃するなど出撃基地になる。それでは平和は築けない」とし、沖縄の基地が機能強化されたり拡張したりすれば「アジアの平和が崩される。平和な島であってほしい」と願った

新基地に反対 横断幕で訴え 辺野古で在日米国人ら(2010年9月26日 09時17分 沖縄タイムス)
>「生物多様性が豊かな大浦湾はジュゴンの保護区にするなどして、エコツーリズムの活用をはかるべきだ。基地を造ったら貴重な自然をすべて失ってしまう」

アジアの平和を現在進行形で乱している朝鮮人がアジアの平和について語る資格があるのでしょうか。
また、アメリカ人はアメリカ政府に対して抗議すべきだと思いますし、日本の国防にかかわることに
口を挟むのはどうかと思います…

その一方で、地元の沖縄県の人達の声は全く違うものとなっています。
「普天間」の現場 辺野古ルポ 米軍と育ち、恩恵を受けた(2009/11/12 10:40 イザ!)
>「辺野古はこれといった産業がない。米軍基地相手の商売しかない。基地と一緒に育ったわれわれは、トラブルもあったが、同時に大変な恩恵を受けながら生きてきた」
>移設後は、辺野古の若者が優先して働けるように、政府に斡旋(あっせん)してほしい。はっきり賛成と言わない住民も、本音は活気が戻ればと考えている。政府が移設後の対応策を確約さえすれば100%近い住民は賛成する
米軍のおかげでサンゴが守られてきたともいえる。民間企業が造成したり開墾していたりしていたら赤土が海に流れ出し、サンゴや海藻類は絶滅していたでしょう。私有地がゴルフ場に造成され、流れ出した赤土でサンゴが絶滅したところはたくさんある。米軍が管理していたからサンゴは守られてきたんです
>滑走路ができると被害を受けるかもしれないが、あくまでも一時的。ジュゴンが絶滅するという人もいるがそれも一時的な話だ。工事の後は反対にきれいになると思う

このように、多くの住民は米軍基地に対し否定的な感情はほとんど持っていないことが
わかると思います。

沖縄県民の気持ちを踏みにじり、今なお沖縄の人達に迷惑を掛け続ける
プロ市民と鳩山犯罪脱税前首相と民主党。

彼らにまだ少しでも人の心が残っているのなら、今まで自分達が行ってきた非礼を詫びて、
沖縄県から一刻も早く出て行くべきです。



関連記事:
辺野古反対集会「参加2万1000人」 実は1万人未満(2009/12/18 09:01 イザ!)
>名護市の関係者は「県の人口は138万人余り。そのうちの1万人弱。しかも、県外からの参加者もたくさんいた。大会決議が沖縄県民の総意かどうか、考えればすぐに分かることだ」と自嘲(じちょう)気味に話した

地元の人達の思いを踏みにじり、暴走を続け過激な活動を行うプロ市民を許すことは出来ないと思います。

小沢氏、沖縄でも土地…普天間移設先へ9キロ(2010年2月8日14時39分 読売新聞)
>小沢氏がこの原野を購入する1か月ほど前の05年10月26日、当時の小泉内閣は米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の移設先について、名護市辺野古の沿岸部を一部埋め立てる案で米国と合意。同29日には辺野古移設を盛り込んだ在日米軍再編・中間報告が発表された

このままでは平成の不動産王にも損失が出てしまいかねません…

<急募> 沖縄・辺野古 座り込みボランティア募集 (交通費支給)(グリーンピース)
>今の辺野古には一人でも多くのパワーが必要です。あなたの力が辺野古の自然を救います。
工事中止のためにあなたの力を貸してください!

ボランティアまで募集するとは、驚きです…しかも交通費まで出してくれるとは…
しかし、どこからそのお金が出ているのか気になります…

迷走の果て、現行案?=責任問われる首相-普天間(2010/05/20-20:26 時事通信)
>鳩山由紀夫首相が解決に「職を賭す」とまで言い切った米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題は、同県名護市辺野古のキャンプ・シュワブ沿岸部を埋め立てて滑走路を建設する現行案に回帰しつつあるようだ
>就任前に「最低でも県外」と発言した首相は、鹿児島県・徳之島への移設を模索したものの、地元の反対などから、「部隊の一部移転」、さらには「訓練の一部移転」へと後退。シュワブ陸上案や沖縄県うるま市の勝連半島沖埋め立て案も浮上したが、程なく消えた

脱税鳩山前首相の責任も忘れてはなりません。引退発言も撤回するなど、どこまで
軽はずみな言動を続けるつもりでしょうか…

スポンサーサイト

テーマ : 沖縄米軍基地問題
ジャンル : 政治・経済

ジュゴンを守ることを口実に米軍基地建設の反対を訴えることはおかしい

幕張で「エコメッセ」6日開催(2009.9.4 23:30 産経新聞)
先月幕張メッセで各団体や企業などが環境保護などを主題として参加したエコメッセに
行って来ました。

2010090501.jpg 2010090502.jpg
環境保護を目的としたイベントだけあって、会場内では多くの環境保護団体が
それぞれの主張を判りやすくパネル展示をしていました。

その中に、ジュゴンを守ろうと主張している団体がいました。

2010090503.jpg 2010090504.jpg

そこでは、沖縄のジュゴンを保護しようというような呼びかけが
行われており、署名活動なども行われていました。

2010090505.jpg 2010090506.jpg
こちらは、同ブースで配られていたパンフレットです。ジュゴンの生態について
子供にもわかりやすいように書かれていました。

ただ、このパンフレットの中に何かの会報みたいなものが入っていました。
以下はその中の一部です。

2010090507.jpg 2010090508.jpg

読んでみると、死の商人の下僕自民党などといった、あまり聞き慣れない言葉が列挙されていて、
ジュゴンの保護と一体何の関係があるのだろうかと考えてしまいました。

絶滅寸前のジュゴンの保護はもちろん大事なことですが、それと米軍基地の建設は
決して相対立するものではないわけで、むしろどうすれば、どこに移転すれば
ジュゴンの生態に影響が少なくなるかを考えなければならないと思います。

ただ一方的にジュゴンの絵を展示して、感情に訴えるのではなく自民党とアメリカを
死の商人の下僕と一方的に吹聴して、感情に訴えて署名させているようでは
事態は一向に進展しないと思います。

あと、死の商人の下僕って、どう考えても北朝鮮や中国共産党でしょう。
もっとも、中国や北朝鮮は武器輸出が主な収入源の一つですので
死の商人そのものだともいえますがw

そんな最悪の死の商人に狙われ続ける日本の安全を守るためには、アメリカの助力は
不可欠だと思います。

そもそも、中国や北朝鮮の脅威がなければ、自衛隊をもっと大幅に強化すれば
アメリカ軍など必要ないわけで、アメリカ軍基地を作りたくないのなら、
その点について説明すべきだと思います。


関連サイト:
エコメッセ in ちば
エコメッセ千葉の公式サイトです。

エコメッセin千葉2010(2010年09月06日 ジュゴン掲示板)
ジュゴンに関するブログです。関連ブログなどを読んでいると、まず基地反対ありき
で話されている関連ブログが多いなと思います。

ジュゴンと基地の共生はなぜ不可能なのか、それと、中国と北朝鮮の脅威に
さらされる日本国民の命とジュゴンのどちらが大事なのか
説明して欲しいと思います。


新基地に反対 横断幕で訴え 辺野古で在日米国人ら(2010年9月26日 09時17分 沖縄タイムス)
米軍基地に反対している日本人ってほんとにいるんでしょうか?w
記事になるのは外国人ばかりですw

ちゃんぷるニュース
このブースを取り仕切っていた団体のサイトです。過去の会報を
PDFで全部読むことが出来ます。

海勢頭 豊
この団体の代表のサイトです。関連ブログが面白いです。

テーマ : 沖縄米軍基地問題
ジャンル : 政治・経済

歴博は民間人の集団自決について明確な説明が出来ないのなら展示をやめるべき

満州事変から高度経済成長まで 新常設展示室「現代」 佐倉・歴博(2010年03月17日10時43分[県東エリア] 千葉日報)
沖縄戦の展示内容を再検討 抗議殺到で歴博 千葉(2010.4.7 19:08 産経新聞)

>同館は「あまりにも反応が多く、このままにしておくわけにもいかない。記述内容を変更せざるを得ない可能性が高い」としている

先月歴博で近現代を扱う第6展示室がオープンしましたが、その中に集団自決に軍が関与したとの記述が無い
として抗議を受けたことを受け、展示内容を再検討しているとのことですが、
史料の裏づけも無いまま歴史認識を優先した展示を行えば、誤った歴史が
考証されることもないまま一人歩きしていく恐れがあると思います。

ましてや歴博は国立の博物館であるわけですから、その展示内容は
より確実な考証を必要とするのではないか
と思います。

ところが、産経新聞の記事に続き、千風の会さんのブログで、18日に
展示内容を再検討する委員会が開かれることを確認したとの記事が
アップされました。
沖縄戦について( 2010-04-14 22:13 千風の会さん)
>昨日、歴博に確認をとりました。18日に委員会を開催するとのことです。
ただし、沖縄戦の展示内容も含めた全体の見直しとのことです。

どのような見直しが検討されるのか不明ですが、国立の歴史民俗博物館として、
過去の歴史をきちんと研究検証した上での展示としてふさわしいかどうか、
再検討して欲しいと思います。

上に紹介した千風の会さんの記事では、それ以外の問題点についても
あげられていますので、とても参考になります。

また、千風の会さんが第6展示室の動画を紹介してくれている記事がありますので、
参考になると思います↓
国立歴史民族博物館 「現代」は日本悪しの描写( 2010-03-27 00:08  千風の会さん)


ところで、今週の日曜日に、自分も歴博に行ってきました。

2010041101.jpg
この日はとても晴れていて暖かくて、多くの方が館内を見学されていて、
驚きましたw

佐倉城址公園ではお花見のために多くの人が訪れていて、こんなに人で賑わっている
歴博をみるのはあまり記憶にないなと思いました。

今回はあまり時間がなかったので、不本意ながら第6展示室のみ見学してきました。

2010041104.jpg
おそらくこれが、問題と思われる解説パネルです。

>激しい戦闘で多くの人びとが命を落としたほか、犠牲者のなかには、戦闘ばかりでなく「集団自決」に追い込まれた人びともいた。

なるほど、確かにこの記述はおかしいと思います。

戦場の民間人と題したパネルには、左にはガマ(自然洞窟)から米兵の呼びかけに応じ出てくる親子の写真、
右下には集団自決跡地の写真があり、その上に上記の記述がありました。

重要なテーマであることはわかりますが、詳しい説明がされておらず、
また、集団自決に関する展示も一切ない中で、見学者をミスリード
するような記述はすべきではないと思います。

2010041102.jpg
第6展示室を出たところに、感想などを書くための机がありました。

2010041103.jpg
左が質問を書き込むための、右が感想などを書くための余白が設けられていて、
両面で一枚となっていました。

この日は人で一杯で、また、あまり時間的な余裕もなくゆっくりと観ることができませんでしたが、
できれば今週中にもう一度行ってみたいと思います。もう桜は散ってしまったと思いますが…

関連記事:
★集団自決(狼魔人日記さん)

集団自決問題に関して詳しいブログです。とても参考になりました。

急がれる研究成果の反映 歴博「現代」の歴史認識(2010年03月29日 13:17 千葉日報)
>外交問題にも浮上する「戦争の時代」は、歴史的評価のいまだ定まらない部分も含まれ、共通認識の難しさをあらためて考えさせられた

>歴博が旧日本軍の関与を示す記述を削除したのは「歴史教科書問題で議論があり、旧日本軍の元隊長による名誉毀き損そんの訴訟も係争中」というのが理由だ。

>しかし、あの戦争の重要な転回点となった敗戦に至る展示としては慎重すぎて、違和感は否めない。2008年の大阪地裁・高裁判決では「軍関与」は認めており、最高裁で係争中とはいえ、研究成果を反映させたほうがより意義深いものになったはずだ

冒頭では歴史的な評価が定まらないということを認めていながら、展示では歴史認識を
優先させろとは、どういうことでしょうか。

忙人寸語(2010年3月18日 千葉日報)
>今回の対応の理由を歴博は「関係者の中でも意見を異にしている難しい問題」と説明したが、解説文を変更することで展示そのものは残すことができた

>「集団自決」の事実をきちんと後世に伝えていくという強い意思表明に聞こえた


解説文が変更されたのであって、展示内容は変わっていないのではないのでしょうか。
それにしても、意見が異なる問題であると認識していながら解説文の変更を迫るとは、
歴史を捏造しろといっているようなものだと思います

集団自決、軍関与認め記述変更を 沖縄選出の議員(2010年03月25日13時14分 千葉日報)
>安田常雄副館長は「学識経験者らによる検討段階で、考え方として軍の関与はある程度認めたが、慎重な表現にとどめた方がいいのではないかというのが決定のプロセスだった。(沖縄戦の記述について)喫緊の課題として対応したい」と話した

軍の関与を認めたというのは、どういう考え方なのでしょうか。

「集団自決」日本軍関与の記述取りやめ 国立歴史民俗博物館(2010年3月9日 琉球新報)
>「直接的に軍の命令があったなどと書くのは、時期尚早」として「集団自決を強いられた」という趣旨の文言にとどめたという

事実無根であることについて時期尚早も何もないと思いますが…

歴博の「軍関与」削除に抗議 集団自決、沖縄の市民団体(10/03/12 山陰中央新報)
>「沖縄戦の実相をゆがめることは史実学習の場として信頼されるべき歴史博物館のあるべき姿ではない」と修正を求めている

実相をゆがめているのは、根も葉もないことをさもそれがあったかのように捏造の歴史を展示するよう
圧力をかけている人達のことでしょうか。あきれてしまいます。

生活の再現めざす 国立歴史民俗博物館に現代史常設展示室(2010年3月20日10時49分 朝日新聞)
「国立で唯一の歴史博物館ですから、展示には責任がともないます。個人で本を書くというようなわけにはいかないことを理解してほしい」

>安田副館長は「この館の展示は人々の生活史をベースにしており、うまくはまらなかった」と話す

まさにその通りだと思います。しかし、人々の生活史をベースにしているといいながら、
日本軍やそれに関する記述が多すぎるのではないかと思いました。

歴博、軍関与明記の方針 「集団自決」 説明文を修正(2010年3月26日 09時29分 沖縄タイムス)
>「集団自決」の記述と展示されている沖縄戦パネル全体の見直しが必要との認識で一致したという
>「今回の委員会では慎重意見はなく、見直しを検討することでまとまった。具体的な文言はこれから協議する」としている

これは本当でしょうか。まだ見直しの内容が決まっていないにもかかわらず、
勝手に議論の方向性を記事に書くのはどうかと思いますが…

委員認識に差 歴博・軍関与削除(2010年3月11日 琉球新報)
>ことし1月末に示された「最終校正」には「集団自決」の項目が設けられ、背景について「住民への軍国主義教育や、軍人からの指示や命令など、住民の意思決定を左右する戦時下のさまざまな要因があった」
>3月に提示された「決定稿」では「集団自決」の項目が「戦場の民間人」と名称変更され、軍の関与を示す文言が削除されていた

なるほど、そういう内容になるはずだったのですね…

大江氏言葉に詰まる場面も 沖縄集団自決訴訟(2007.11.9 23:08 産経新聞)
>証言台に進んだ大江氏は、被告側代理人の尋問に答え、淡々とした表情で「日本軍総体としての命令、強制はあった」と述べ、「著書の記述を訂正するつもりはない」と言い切った。

命令書の一つでもあれば信じることも出来るのですが…

集団自決訴訟の判決要旨 大阪高裁判決(2008/10/31 21:06 47NEWS)
>村の幹部が自決を申し出たのに対し、玉砕方針自体を否定することなく、ただ帰したと認めるほかない
>控訴審で出された、梅沢元隊長が本部壕で自決してはならないと厳命し、村長が住民に解散を命じたとする島民の供述は明らかに虚言。梅沢命令説、赤松命令説が援護法適用のために作られたとは認められない。

一方の証言を採用してもう一方の証言を虚言だと切り捨てる裁判官。
最初から結論ありきとしか思えませんw

元守備隊長の請求棄却 沖縄集団自決訴訟(2008.3.28 11:14 産経新聞)
>多くの体験者が手榴(しゆりゆう)弾は自決用に交付されたと語っている

狼魔人日記さんのブログを読むとわかるのですが、手榴弾が配布されたというのは事実ではなかったようなのですが…
集団自決訴訟 手榴弾での死亡者はいなかった!(2009-01-19 06:13:15 狼魔人日記さん)
手榴弾で死亡した住民が1人もいないって…

「証言軽視」に批判 歴博「集団自決」軍関与削除(2010年3月17日 琉球新報)
沖縄戦の本質を「日本軍による住民虐殺」ととらえ直し
証言を重視しない展示の在り方を専門家は「住民不在」と指摘し、自主規制とも取れる同館の対応を批判した
>「博物館は研究・教育機関として政治から独立した存在であるべきだ

証言て…

以下は沖縄戦の証言に関する記事です:
沖縄集団自決新証言 中尉「死に急ぐな」(2008.2.22 23:19 産経新聞)
>ただひとり生き残った女子青年団の宮城初枝さんが生前の昭和50年代に、「梅沢少佐の自決命令はなかった。戦後、遺族の方が援護法の適用を受けられるように、事実と違う証言をした」などと娘や梅沢さんに告白している

沖縄集団自決「軍の命令ではない」 地元誌が特集記事(2009.6.10 21:15 産経新聞)
>特集には、自決現場を目撃した当時の米軍の報告書や住民の証言などが収録され、問題の発端となった地元紙、沖縄タイムス発刊の「鉄の暴風」こそが訂正すべきと結論づけている
新たな住民の証言や米軍の報告書などを入手、「(『鉄の暴風』は)現地調査しないまま軍命による集団自決をでっち上げたという結論に達した」という

 上原氏によると、こうした結論を2年前に琉球新報で長期連載中の沖縄戦をめぐる記事に盛り込もうとしたところ、「新聞社側の圧力で断念せざるを得ず、『うらそえ文藝』での発表に踏み切った」と説明している

渡嘉敷島集団自決、軍命令を否定する証言 元琉球政府の照屋昇雄さん(2006.8.27 産経新聞)
>戦後の琉球政府で軍人・軍属や遺族の援護業務に携わった照屋昇雄さん(82)=那覇市=が、産経新聞の取材に応じ「遺族たちに戦傷病者戦没者遺族等援護法を適用するため、軍による命令ということにし、自分たちで書類を作った。当時、軍命令とする住民は1人もいなかった」と証言した

テーマ : 沖縄米軍基地問題
ジャンル : 政治・経済

このブログについて

山梨次郎

Author:山梨次郎
FC2ブログへようこそ!
生まれも育ちも四街道の四街道市民です。

トラックバック・相互リンクはお気軽にどうぞ。
また、何かありましたら下のメールフォームからお願いいたします<(_ _)>

検索フォーム
☆是非ヒブワクチンの定期接種化を☆
人気ブログが一目でわかる(^^)/


にほんブログ村 政治ブログへ
画像をクリックしてみてください♪
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
RSSリンク
情報サイト
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お勧めサイト&ブログ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも一覧

韓国・北朝鮮について知るブログ

世の中って不思議でいっぱい

寄居運輸区管理員のブログ

物井や四街道の風景

一期一会な祭りと寺院
個人的巡回リンク
全国紙
朝日新聞
毎日新聞
読売新聞
産経新聞
日本経済新聞

ビジネスニュースサイト
ダイヤモンドオンライン
日経BP
Business Media 誠
東洋経済
ITmedia
ダイヤモンド・ザイ
NNA
ブルームバーグ
日本農業新聞
WSJ
日刊工業新聞
日刊産業新聞
財経新聞
フジサンケイビジネスアイ

通信社
時事通信
ロイター通信
AFPBB News
聯合ニュース
新華社

政党公式HP
新党日本
日本未来の党
緑の党
日本維新の会
たちあがれ日本
自民党
社民党
国民新党
みんなの党
民主党
新党日本
維新政党・新風
日本創新党
日本共産党
新党きづな
新党大地・真民主

政党機関紙
自由民主
公明新聞
しんぶん赤旗

インターネット新聞
J-CASTニュース
ツカサネット新聞
PJNEWS
ナリナリドットコム
JanJan

その他主な検索サイト
livedoorニュース
CNN
@nifty
Google ニュース
Yahoo Japan

医療ニュースサイト
Japan Medicine
薬事日報
日経メディカルオンライン
ロハス・メディカル

地方紙
千葉日報
北海道新聞
デーリー東北
河北新報
岩手日報
東奥日報
秋田魁新報
山形新聞
福島民報
福島民友
陸奥新報
茨城新聞
下野新聞
上毛新聞
埼玉新聞
東京新聞
山梨日日新聞
神奈川新聞
新潟日報
信濃毎日新聞
北日本新聞
北國新聞
福井新聞
岐阜新聞
静岡新聞
中日新聞
滋賀報知新聞
京都新聞
大阪日日新聞
神戸新聞
奈良新聞
紀伊民報
日本海新聞
山陰中央新報
山陽新聞
中国新聞
山口新聞
徳島新聞
四国新聞
愛媛新聞
高知新聞
西日本新聞
佐賀新聞
長崎新聞
熊本日日新聞
宮崎日日新聞
南日本新聞
大分合同新聞
西日本新聞
沖縄タイムス
琉球新報

動画ニュースサイト
日テレNEWS24
NHKニュース
FNN
NEWS-i

スポーツ紙
日刊スポーツ
スポーツニッポン
スポーツ報知
サンケイスポーツ
道新スポーツ
デイリースポーツ
東京スポーツ

夕刊紙
日刊ゲンダイ
夕刊フジ

パチンコ(朝鮮玉入)
@グリーンべると
社団法人日本遊技関連事業協会
遊戯産業不正対策情報機構
全日本遊技事業協同組合連合会
遊技産業健全化推進機構
遊戯通信スクエア
パチンコチェーンストア協会

中国ニュースサイト
Record China
サーチナ
大紀元
ダライ・ラマ法王日本代表部事務所
日本新華僑サイト

朝鮮工作機関
在日本朝鮮人総聯合会
民団新聞

朝鮮半島メディア
統一日報
朝鮮日報
中央日報
朝鮮新報
東亜日報
世界日報
KBS WORLD Radio
東洋経済日報

共同通信
QRコード
QR
FC2投票
無料アクセス解析
ブログ内検索
カスタム検索
四街道情報掲示板
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。