Loading...

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社会的弱者よりも朝鮮人を優遇するという熊谷千葉市長は市長を辞任すべき

「廃止すべき」15事業 「来年度予算反映も」千葉市長(2009年11月25日10時43分 千葉日報)
15事業を『廃止検討』 千葉市外部評価 来年度予算で反映方針(2009年11月26日 東京新聞)
先日行われた稲毛区補欠選挙で事前運動を行い議会を掌握しようと
影でこそこそ動いている熊谷千葉市長ですが、
ようやく本性を表し始めたようです。

これらの記事によると、財政難という錦の御旗の元に、
朝鮮人などに対する優遇策はそのままでありながら
文句を言えない社会的弱者の切捨てが
早速始まりました。

これらの記事によると、市長の意図に沿って集められた仕分け人によって、
いかにも公正に判定されたように見せかけて、多くの弱者切捨てが
行われてしまいました。

以下上記の各記事より抜粋します。

廃止が決定された事業

・「難病疾患見舞金支給」(昨年度決算約4億9千万円)
・「シルバー健康入浴」(同約6千万円)
・「東京フィル提携」(同約3千万円)
・市長杯争奪社会人野球大会事業

                など15事業が廃止

見直しが決定した事業

・文化交流プラザの管理運営
・「和陽園(高齢者福祉施設)整備・管理」(同約4億3千万円)

                 以上2事業が見直し

これらの評価結果について熊谷市長は

「良い議論をしてもらえた」
「基本的に評価結果の方向で予算を組むことはできるのでは」


などと発言し、来年度の予算に反映させることを明らかにしました。
          

…これで熊谷市長の考えが明らかになりました。

熊谷千葉市長は、税金を払えなくてなおかつ票につながらないような
社会的な弱者は切り捨てて、朝鮮人を厚遇するつもりのようです。

このような予算が議会で承認されてしまえれば、千葉市はまさに現代版姥捨て山となり、
仮に千葉市の財政再建が成し得たとしても、その傷跡は後々まで
残ることになると思います。

先日熊谷千葉市長は議会運営を一手に掌握しようとして、事前に
応援文書を配布しましたが、これ以上熊谷千葉市長の暴政を
許してはいけないと思います。

また、事前に文書を配布し法律違反の疑いを持たれ、千葉市民のためでなく
市政を私物化しようとする熊谷千葉市長は、
一刻も早く千葉市長を辞任すべきです。

関連記事:
まちづくりに「子ども目線を」 市長と活発に意見交換 タウンミーティングスタート(2009年11月29日15時36分 千葉日報)
相変わらずパフォーマンス「だけ」は抜群のようですねw

千葉市の社会的弱者を追い込もうとしているくせに
実に白々しいです。

こんなことをやる前に、事前運動をしたことについて市民に説明する義務が
あるのではないでしょうか。

事業廃止や縮小「聖域なし」 財政危機克服へ熊谷市長 12月議会開会(2009年11月28日13時35分 千葉日報)
聖域ってなんでしょうかw

職員給与や議員報酬、朝鮮学校、韓国民潭の課税問題には踏み込まず、聖域なしとは
おかしなことです。

12月議会が楽しみですね。

継続求める請願を採択 シルバー入浴事業 千葉市議会常任委(2009年12月04日10時32分 千葉日報)
これが普通の判断ですよね。

熊谷俊人千葉市長による千葉市姥捨て山化計画は何としてでも防がなければならないと思います。

信じられないのが民主党と市民ネットワーク
この請願に対して民主党と市民ネットワークは
「継続審査」を主張したそうです。

民主党と市民ネットワークも千葉市のご老人に税金を使うのは無駄だと
考えているようです。本当に許せないと思います。

区役所分権など要望 「ごみ問題」で苦言も 自治会長ら千葉市長と懇談(2009年10月29日10時40分 千葉日報)
>自治会側は区役所の権限強化や財政再建に期待を示す一方、ごみ収集ルールの変更をめぐって市長に苦言を呈する場面も見られた。

この記事はウェブ記事が少し短くなっています。
紙面では相当自治会の方がお怒りになられた
ようです。

なぜ全文を載せないのでしょうか。

熊谷市長に財政再建などを期待しても、上から押し付ける一方的な
やり方では結局空回りしてしまうだけだと思います。

千葉市という風土を大事にしない市長についていく市民はいないと思います。

ましてやそれが、日本の法律に触れるようなことを平気でする市長ならば
なおさらです。
スポンサーサイト

テーマ : 政治・地方自治・選挙
ジャンル : 政治・経済

市民参加といいながら陰で特定候補の応援文書を送る熊谷千葉市長

市民参加の都市運営を 熊谷千葉市長が講演 千葉政経懇10月例会(2009年10月21日 千葉日報)
千葉市稲毛区の補欠選挙で特定候補に対する応援文書を有権者に対して送っておきながら、
よくこのようなことを平気でいえるなとある意味感心します。

市民参加型の都市運営といえば聞こえはいいかもしれませんが、
陰で自分の思い通りになる議員を応援することは、
市民参加とどう関係しているのでしょうか。

この記事の中で熊谷千葉市長は、
「これからはどれを『あきらめる』を市民に納得してもらい打ち出していく」

と言っていますが、正確には
「これからはどれを『あきらめる』を市民に納得させて打ち出していく」

このような表現のほうが正しいと思います。

また、
「千葉市は温暖で風通しも良い。良いところをアピールして千葉市に住んでもらう人を増やすことが大切。市内には千葉大学や重化学系の企業があり、科学の資産がたくさんある。将来、科学の花を咲かせたい」

と言っていますが、
・温暖で風通しがいいのは千葉市だけではないですし、個人的には
千葉市のどんなところが良いのか、熊谷千葉市長は
全くわかっていないのではと感じました。

・将来科学の花を咲かせたいとのことですが、なぜ今咲かないのでしょうか。
そこのところをもう少し具体的に説明してほしかったと思いますし、
財政が危機だと危機感を煽る割には千葉市の具体的な将来像
が全く見えていないように感じました。

千葉市の市長でありながら、千葉市の良いところとやらについての具体的な指摘がなく
将来に対する構想もあいまいであるなど、本当に千葉市のことについて
知っているのかと疑いたくなるようなコメントを出す熊谷千葉市長。

はっきりいって誰でも出来るようなもろもろの支出の削減だけでなく、
それよりも、千葉市の将来のために有益で前向きな政策を
もっと打ち出していくべきだと思います。

関連記事:
20091017千葉日報
市民参加、ガラス張りの市政と綺麗文句を並べている割には、
自分の意に沿うような議員を陰で応援する熊谷千葉市長。
表向きはガラス張りなだけで、その実どうやら熊谷市政は
かなり腹黒いものを感じさせてくれます。

採用試験合格者に「おめでとう」の電話かけ(2009年09月16日 千葉市長・熊谷俊人BLOG)

??
市役所の職員は市長から声をかけられるとモチベーションがあがるものなんでしょうか。
何か勘違いをしていませんか?

最近千葉市の職員の不祥事をよく耳にしますが、電話をかけなくても職員が不祥事を
起こさない自治体などいくらでもありますし、そもそもそのような不確定な根拠で
市の電話を使っても許されるものなのでしょうか。

100人以上に電話をかけるとなると、通話料も相当かかるのではないでしょうか。
財政危機が聞いてあきれます。

また、公務として電話かけを行っているのですから、
当然電話の内容も公表すべきだと思います。

テーマ : 地方自治
ジャンル : 政治・経済

千葉市稲毛区補欠選挙の結果と熊谷千葉市長の選挙についての感想について

田沼、小田氏が初当選 投票率25・12% 千葉市議補選(2009年10月26日 千葉日報)
稲毛区補欠選挙の投票率は25.12%(2009年10月26日 千葉市長・熊谷俊人BLOG)
昨日千葉市議会議員稲毛区補欠選挙が行われ、いずれも新人で、
無所属の田沼隆志(33)、
民主党の小田求(37)の2候補が初当選されました。

投票してくれた有権者の期待にこたえるためにも、
前職の汚名をそそぐためにも、稲毛区、そして
千葉市のために頑張ってほしいと思います。

それにしても、自分が一番当選してほしいと考えていた、いつも日本国民のために
精力的に活動されている千風の会の代表の渡辺ゆういち候補や、
普段ブログで大変参考になる発言をされている大窪由郎候補が
敗れたことが、本当に残念でなりませんでした。

両候補には、今はゆっくりと休んでほしいと思います。
本当にお疲れ様でした。

しかし、今回の選挙に両候補が立候補するに当たって、外国人参政権などに対して
反対の立場であるということを明確にし、その上で多くの票を獲得したことは、
本当に意義のあることだったと思います。

それは、多くの有権者が外国人参政権問題などについて
疑問を持っていることについての表れだと思います。

政府は十分な国民間の議論を経ないまま、外国人参政権を推進しようと
していますが、地方のこういった声を十分考慮して外国人参政権
のような、国のあり方に関わるような重要な問題について
進めて行ってほしいと思います。

ところで、熊谷俊人千葉市長が今回の選挙の投票率が
低いことについてブログ上で苦言を呈されていますが、
熊谷市長がそんなことを言うのはおかしいと思います。
以下熊谷千葉市長のブログより一部引用します。

『20%は越えましたが、30%を越えないのはやはり辛いですね。
投票率向上のため今後も工夫をしていきたいと思います。』
                               (ここまで引用終わり)

10月17日の千葉日報の記事にも取り上げられ、千風の会さんのブログで
取り上げられていたように告示前に特定の候補者に対し応援を
要請するような文書を出して組織固めを謀っておきながら、
投票率が低かったことを喜ばないはずがないからです。

そして、そんな市長の軽率な行動新聞で取り上げられたことによって、
市民に対して選挙に対する不信感を多分に与え、投票の意思を
鈍らせた可能性も否めないと思います。

熊谷千葉市長は投票率の低さを嘆いて対策を練るよりもまず、
自身の不備について反省すべきだと思います。


テーマ : 地方自治
ジャンル : 政治・経済

稲毛区千葉市議補選の開票が終わりました

千葉市議会議員稲毛区補欠選挙について(千葉市選挙管理委員会HP)
25日午後10時35分に開票が終わったようです。
結果は、

田沼 隆志     無所属 11,793
おおくぼ 由郎   無所属 855
金田 由希      市民ネットワークちば 3,172
あぐい 武夫     日本共産党 3,653
小田 求        民主党 8,898
渡辺 ゆういち    無所属 918
やと としお    無所属 1,202
                  計 30,491
     
また、投 票 率は、
     男     女     計
    25.41 24.84 25.12

このような結果となりました。

これが現在の稲毛区の有権者の民意なのでしょうか。
そもそも、投票率が低すぎると思います。

天気が悪かったからある程度はしょうがないと思いますが、
30%にも満たない投票率ということは、7割超の有権者が
今回の選挙で意思表示をしていないことになります。

なぜ7割超の有権者が投票しなかったのか、その理由が
気になるところですが、今回当選された候補者の方には
それぞれ稲毛区選出の議員として頑張って
欲しいと思います。

テーマ : 地方自治
ジャンル : 政治・経済

財政危機宣言で市民生活の圧迫を正当化しながら朝鮮人を優遇する熊谷千葉市長

熊谷千葉市長「3年が正念場」 施設有料化検討、OB寄付も 脱・財政危機宣言(2009年10月22日10時44分 千葉日報)
千葉市OB寄付して!財政再建で市長が要請(10月21日11時48分配信 産経新聞)
先日熊谷俊人千葉市長が脱財政危機宣言を出し、市民生活を圧迫・縮小化していくことを
高らかに宣言しました。

これにより、千葉市民の市民生活上大きく制限を受けることになると思います。
現に燃えるゴミの回収日が週2回になり高齢者に対する無料バス券が
廃止されるなど、多くの市民が不便を強いられることになります。

そしてこれからは公共施設が有料になるかもしれないとのことです。

財政が苦しければ、それも仕方ないのかもしれません。

しかし、市は市民が受ける影響に見合うだけの財政努力をしているのかというと、
全くそんなことはないと思います。

苦しい財政を補うために、市の職員のOBに対して寄付まで呼びかけ、
施設の有料化が検討されているとの事ですが、それらが
財政にどの程度影響を与えるのか不確定であり、
また、市長や幹部職員の給与削減案なども、
財政にどの程度影響を与えるのか明確で
なく、財政再建までの全体像が示されて
いない事が問題だと思います。

また、千葉日報の記事によると、
・事業見直しについては不必要な事業の廃止など「危機意識をもって見つめ直してほしい」

と言っているようですが、北朝鮮籍の子供が通う朝鮮学校に金を出すことや、
以下の記事で千風の会さんが指摘されているのですが、
住民監査請求を提出(千風の会さんのブログ)
千葉市は韓国民潭の施設に対しての課税を免除しているということですが、
これらは千葉市にとって必要な事業なのでしょうか…?

不必要な事業・必要な事業とは具体的に一体どのような事業を指すのか、
そのことが全く示されていない。

…これではただの大本営発表に過ぎません。

あやふやな財政危機というお題目を錦の御旗にして、市民に対し
一方的に負担を押し付けているだけです。

こんな茶番をしているようでは千葉市の財政が良くなるはずもなく、
財政危機を理由にますます市民生活が圧迫されていく
だけだと思います。

熊谷千葉市長は千葉市民に負担を求める前に、
朝鮮学校などに対する支援について市民に
説明すべきです。

関連記事:
紙の分別徹底、意識改革を 可燃ごみ収集回数の削減(2009年08月16日14時29分 千葉日報)
これは前市長が計画していたものなのですが、他に無駄な事業があるか
検討されることもなくこのようなことがなされるのはおかしいと思います。
ガラス張りの市政が聞いてあきれます。

モ ノ レ ー ル駅別乗車人員(千葉市HP)
これによると、モノレール栄町駅の平成18年度の利用総数が79,584人、
一日平均ではわずか218人となっているのですが、他の駅と比べ
明らかに利用している人が少ないと思います。

モノレール延伸を凍結する前に、この駅を
閉鎖するほうが先だと思います。

このような駅を存続させることこそまさに
無駄だと思います。

栄町まちづくり社会実験について(千葉市HP)
今のような人が頼まれても近づきたくないような町に、無理やり市が
イベントをやればやるほど逆効果だと思います。

イベントのとき以外に栄町に人が集まるような構想を
練るべきだと思います。

もっとも、栄町を再生させることが今の千葉市にとって本当に必要な事業なのでしょうか。
またなぜそう判断したのか、その判断基準を教えてほしいと思います。

テーマ : 地方自治
ジャンル : 政治・経済

日本の法律を異常だと罵る熊谷千葉市長が稲毛区市議補選に際し応援文書を送付していたことについて思うこと

選挙:千葉市議稲毛区補選 告示 7人が立候補 /千葉(10月17日12時1分 毎日新聞)
いよいよ明日、熊谷市長が市長選に転出したことなどによる
稲毛区補欠選挙の投票日です。

せっかく民意を託されて当選したのに、任期途中で市議を辞めた熊谷市長のような
無責任な候補が再び当選してしまうことを防ぐためにも、口先だけではなく
将来に責任を持つことができる、行動力があり信用できる候補者が
選出されることが望ましいと思います。

また、国政においてマニフェストを臆面もなく翻すような
政党があることも忘れてはならないと思います。

2009102301.jpg
昨日稲毛駅で撮影した写真です。3陣営が文字通り三つ巴の様相を
呈していて驚きましたw


20091017千葉日報
(2009年10月17日の千葉日報の記事より切り抜き)

この記事は千葉日報の記事なのですが、熊谷俊人千葉市長が
告示前に特定候補者への支援を求める文書を出していたことが
明らかになりました。

熊谷市長はこの文書について、投票を呼びかけるものではない=法律違反ではないと
言っていますが、このような言い訳をするのはおかしいと思います。


それは、このような言い訳をするようなら最初から疑われるような文書を
送るべきではないと思うからです。

そして、法律を知らなかったという言い訳も通用しないと思います。
なぜなら、熊谷千葉市長は自身のブログで公職選挙法を
痛烈に批判しているからです。以下はソース記事です。

日本の公職選挙法の異常さを知ってください(2009年08月16日 くまがい俊人の日記)

この中で、熊谷市長は公職選挙法を散々に批判しています。
以下記事内より一部抜き出して引用します。

・18日に公示されるまで、今この瞬間は選挙ではないことになっているんです。法律上設定された選挙期間が何の意味もなしていない、こんなおかしな現象をおかしいと思わない日本人がおかしいんです。   

・実際にははるか以前から選挙戦が始まっているため、その事前の政治活動は上限無しの「やった者勝ち」の状況になっているということです。
(ここまで引用終わり)

このように、公職選挙法の選挙期間に対して具体的な批判を行っている以上、
知らなかったでは済まされないと思います。

ついでに赤字で日本人に対しても批判しています。

公職選挙法について、どの程度の日本人が疑問に思っているかわかりませんが
様々な意見があっていいはずです。しかし、熊谷市長はそれを頭から
否定しています。

まるで自分の意見に従わない日本人はバカな日本人だといっているようです。

そもそも、自分自身が散々批判している公職選挙法によって選出されたはずです。
ここまで批判するからには、最後まで自分の信念を貫き通して公職選挙法に
従わなければ良かったのではないでしょうか。

もしかしたら、自身にその批判を一片でも受けるいわれがないというのでしょうか。
それこそ、大変な思い上がりだと思います。

そして、何よりも、自分で事前運動はやったもの勝ちなどと言っている以上、今回の応援文書を出したことについては確信犯であると思います。

もっとも、応援文書に名前が記載されていた候補者が熊谷市長に応援文書を
出すように依頼していた可能性もありますが。

…いずれにしても今回の行動は一政令市の市長として
市民の信頼を裏切る行為であると思われ、
決して許されるものではないと思います。

熊谷千葉市長は今回の件で市政に対する失墜した信頼回復のためにも、
市民に対し十分な説明をしたさなければならないと思います。

関連記事:
熊谷市長の背後関係( 2009-10-15 千風の会さんのブログ)
こちらで問題の文書を公開してくれています。

県不正経理問題:見過ごすことも不正(2009年09月10日 熊谷俊人千葉市長のブログ)
ご自身の行為についても同様の勇ましい批判をしていただきたいものです。

千葉市長候補 熊谷俊人の品格 (2009/05/30 23:28 世界平和安全協会さんのブログ)
市長選時における熊谷市長の行動に対し的確な批判を行っています。

テーマ : 地方自治
ジャンル : 政治・経済

千葉市稲毛区市議補選では有権者の直近の民意を示す必要があると思う

予定の7氏届け出 2議席めぐり舌戦スタート 稲毛区市議補選告示(2009年10月17日09時58分 千葉日報)
千葉市議会議員稲毛区補欠選挙について(千葉市選挙管理委員会HP)
先週の土曜日に、熊谷千葉市長の市長への転出などの理由によって行われる
稲毛区市議補選が告示されました。

今度の選挙では、稲毛区の有権者の期待を受けて市議に当選しながら、
有権者を裏切ったことに対する有権者の意思を示さなければ
ならないと思います。

そのためには、千葉市のことを本当に考えている候補者に対し
千葉市の未来を託す必要があると思います。

以下、今回稲毛区市議補選に立候補した候補者のHP又はブログです。

候補者一覧(千葉市選挙管理委員会HP。PDFです。)より引用。

 候補者氏名   年齢    本籍地  住所   党派     職業

渡辺祐一候補  54歳   千葉県  稲毛区  無所属   土木業
YUICHI WATANABE OFFICIAL HOMEPAGE(公式HP)
千風の会(ブログ)

田沼 隆志候補 33歳  千葉県  稲毛区   無所属  経営コンサルタント
政治家への道 ~田沼隆志の挑戦(ブログ)
田沼隆志(HP)

大窪由郎候補 62歳   千葉県  稲毛区    無所属    無職
政治談義inちば  大窪由郎のHP

金田由希候補  29歳  埼玉県 千葉市中央区 市民ネットワークちば 無職
市民ネットワーク金田由希blog
金田由希(かねだゆき)オフィシャルWebサイト

安喰武夫候補  51歳  千葉県  稲毛区 日本共産党 政党役員
こんにちは。日本共産党のあぐい武夫です

小田求候補   37歳  東京都  稲毛区  民主党  オペラ歌手
民主党 千葉市議会議員稲毛区補欠選挙予定候補 小田求

谷戸俊雄候補 74歳  東京都  稲毛区 無所属  谷戸貿易商事社長
HP,ブログ共になし  


テーマ : 地方自治
ジャンル : 政治・経済

このブログについて

山梨次郎

Author:山梨次郎
FC2ブログへようこそ!
生まれも育ちも四街道の四街道市民です。

トラックバック・相互リンクはお気軽にどうぞ。
また、何かありましたら下のメールフォームからお願いいたします<(_ _)>

検索フォーム
☆是非ヒブワクチンの定期接種化を☆
人気ブログが一目でわかる(^^)/


にほんブログ村 政治ブログへ
画像をクリックしてみてください♪
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
RSSリンク
情報サイト
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お勧めサイト&ブログ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも一覧

韓国・北朝鮮について知るブログ

世の中って不思議でいっぱい

寄居運輸区管理員のブログ

物井や四街道の風景

一期一会な祭りと寺院
個人的巡回リンク
全国紙
朝日新聞
毎日新聞
読売新聞
産経新聞
日本経済新聞

ビジネスニュースサイト
ダイヤモンドオンライン
日経BP
Business Media 誠
東洋経済
ITmedia
ダイヤモンド・ザイ
NNA
ブルームバーグ
日本農業新聞
WSJ
日刊工業新聞
日刊産業新聞
財経新聞
フジサンケイビジネスアイ

通信社
時事通信
ロイター通信
AFPBB News
聯合ニュース
新華社

政党公式HP
新党日本
日本未来の党
緑の党
日本維新の会
たちあがれ日本
自民党
社民党
国民新党
みんなの党
民主党
新党日本
維新政党・新風
日本創新党
日本共産党
新党きづな
新党大地・真民主

政党機関紙
自由民主
公明新聞
しんぶん赤旗

インターネット新聞
J-CASTニュース
ツカサネット新聞
PJNEWS
ナリナリドットコム
JanJan

その他主な検索サイト
livedoorニュース
CNN
@nifty
Google ニュース
Yahoo Japan

医療ニュースサイト
Japan Medicine
薬事日報
日経メディカルオンライン
ロハス・メディカル

地方紙
千葉日報
北海道新聞
デーリー東北
河北新報
岩手日報
東奥日報
秋田魁新報
山形新聞
福島民報
福島民友
陸奥新報
茨城新聞
下野新聞
上毛新聞
埼玉新聞
東京新聞
山梨日日新聞
神奈川新聞
新潟日報
信濃毎日新聞
北日本新聞
北國新聞
福井新聞
岐阜新聞
静岡新聞
中日新聞
滋賀報知新聞
京都新聞
大阪日日新聞
神戸新聞
奈良新聞
紀伊民報
日本海新聞
山陰中央新報
山陽新聞
中国新聞
山口新聞
徳島新聞
四国新聞
愛媛新聞
高知新聞
西日本新聞
佐賀新聞
長崎新聞
熊本日日新聞
宮崎日日新聞
南日本新聞
大分合同新聞
西日本新聞
沖縄タイムス
琉球新報

動画ニュースサイト
日テレNEWS24
NHKニュース
FNN
NEWS-i

スポーツ紙
日刊スポーツ
スポーツニッポン
スポーツ報知
サンケイスポーツ
道新スポーツ
デイリースポーツ
東京スポーツ

夕刊紙
日刊ゲンダイ
夕刊フジ

パチンコ(朝鮮玉入)
@グリーンべると
社団法人日本遊技関連事業協会
遊戯産業不正対策情報機構
全日本遊技事業協同組合連合会
遊技産業健全化推進機構
遊戯通信スクエア
パチンコチェーンストア協会

中国ニュースサイト
Record China
サーチナ
大紀元
ダライ・ラマ法王日本代表部事務所
日本新華僑サイト

朝鮮工作機関
在日本朝鮮人総聯合会
民団新聞

朝鮮半島メディア
統一日報
朝鮮日報
中央日報
朝鮮新報
東亜日報
世界日報
KBS WORLD Radio
東洋経済日報

共同通信
QRコード
QR
FC2投票
無料アクセス解析
ブログ内検索
カスタム検索
四街道情報掲示板
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。