Loading...

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

細菌性髄膜炎で死ぬ子供を見殺しにした鳩山殺人詐欺内閣は早く解散しろ

「細菌性髄膜炎から子どもたちを守る ワクチンの早期定期接種化に関する請願」の 衆議院厚生労働委員会での取り扱いについて(細菌性髄膜炎から子供たちを守る会)
先日行われた臨時国会において、衆議院で「細菌性髄膜炎から子どもたちを守るワクチンの早期定期接種化に関する請願」
が審議すらされずに事実上の廃案になっていたことが高畑さんのブログ
明らかになりました。

審議を拒否した自民党の対応にも問題があると思いますが、
政権与党である民主党ならば、単独で採択できたはずです。

ましてや、ヒブワクチンの定期摂取化をマニフェストではなく
政策インデックスとはいえ明記していたのだから
言い訳は出来ないと思います。

国民第一とかいうスローガンを標榜している政党の仕打ちとは
思えません…

というか、もはやそういうレベルではないと思います…

これほど日本国民の声を聞こうとしない内閣など
今までなかったのではないでしょうか。

選挙時に掲げたマニフェストを平然と破り、それでも
未だに何食わぬ顔で与党にのさばっている
鳩山内閣がある限り、日本国民の未来は
ないと思います。

鳩山脱税首相は、自分の無能さのせいで子供が
死んだことについて少しでも罪の意識を感じているなら
さっさと辞職して、死んだ子供の墓の前で
土下座してください。

もっとも、そんなことをしても自身の犯した罪は
許されるものではありませんけど。

関連記事:
民主党政策集「INDEX2009」医療政策<詳細版>(PDFです)
中国韓国国民第一の売国民主党が選挙時に掲げていた詐欺フェストです。

ヒブワクチン:不足が深刻化…乳幼児の細菌性髄膜炎(2009年12月12日 2時30分 毎日新聞)
>今月1日には、山口県周南市で1歳8カ月の男児がヒブによる細菌性髄膜炎で死亡した。男児も未接種だった

脱税鳩山首相はこの悲惨な現実がわかっているのでしょうか。
助かったはずの子供が、鳩山首相のせいで死んでいるのです。

この責任を取れといわれて、どうやって鳩山首相は責任を
取るつもりなんでしょうか。

細菌性髄膜炎予防ワクチンの定期接種化を-子どもたちを守る会が長浜厚労副大臣に要望(2009年10月27日 16:52 ロハス・メディカル)
>長浜副大臣は、「民主党としてもこの問題は取り組んできた。急ぐようにとの指示は十分分かっている。治験の問題も含め、定期接種という形でと。国の決まりがあり、厚労省の手続きもあるので、説明していただいたことは承知の上で、対応を急ぐように努力させていただければと思っている」と答えた

これは何の冗談ですか?w

ああ、民主党お得意の口だけ詐欺ですね。誰でもわかります。

詐欺政党民主党は一刻も早く解散し、国民に謝罪すべきです。

【費用助成・定期接種化を求めよう!!全国に広がる声】
ヒブワクチンに対する助成が行われている自治体などの一覧です。

★行列はできないけれどヒブワクチンが接種できる医院★
ヒブワクチンが接種できる医院の一覧です。

追記:
全会一致が原則とか言う民主党ではなかったのですか?
返済猶予法案、自公欠席で衆院委可決(2009,11,19日経新聞)
>自民、公明両党は委員会質疑に出席せず、採決も欠席した。政権交代後初めて与党が採決を強行した形となった。

衆院委、11法案を強行採決へ(2009.11.20 日経新聞)
>民主党など与党は全法案の会期内成立を目指し、各委員会で同日中に採決を強行する構えをみせている。

嘘つき民主党はさっさと解散してください。本当にお願いします。

スポンサーサイト

テーマ : 健康生活:病気・治療法
ジャンル : ヘルス・ダイエット

今日は国会議員会館で署名提出と学習会があるそうです

民主党政策集「INDEX2009」医療政策<詳細版>(PDFです)
今日は台風が近づいてきているということで冷たい雨と風が
吹き荒れ、荒れた天気の一日でした。

マニフェスト工房さんによると、本日国会議員会館で「細菌性髄膜炎から子どもたちを守るワクチンの早期定期接種化を求める請願署名」4万5千筆の提出と学習会が行われるそうです。以下転載します。

【署名提出・学習会】
■日時:2009年10月27日(火)11:00~
■会場:衆議院第一議員会館第一会議室
■主な内容
・主催者挨拶(田中美紀守る会代表)
・国会議員の皆様からの挨拶
11時45分ごろより
細菌性髄膜炎に関わる最新の知見に基づく学習会
・講師:薗部友良先生(日赤医療センター小児科部長)
終了後、質疑応答

【長浜厚生労働副大臣要請】
■日時:2009年10月27日(火)16:00
■場所:厚生労働省(現在、調整中)

国会議員会館へは、どなたでも入館できるので(もちろん、受付や手荷物検査などが必要です)。
御遠慮なく、ご参加くださいとのことです。

民主党は政策集でヒブワクチンの定期接種化を約束しているにもかかわらず、
一向に履行する動きを見せていません。

国民生活が第一というのならば、民主党は署名をされた多くの方の
期待に早急に応えるべきだと思います。

関連記事:
★すでに費用助成を獲得した自治体★
ヒブワクチンの接種の際に女性を受けられる自治体が載っています。

★行列はできないけれどヒブワクチンが接種できる医院★
ヒブワクチンの接種を行うことの出来る医院が載っています。

ヒブワクチン 公費接種早く 新婦人、国会に署名提出(2009年10月22日 赤旗)
新日本婦人の会さんによって細菌性髄膜炎ワクチン(ヒブワクチン)の公費による
定期接種化の早期実現を求める署名3万377人分を国会に提出されたそうです。

髄膜炎から乳幼児守れ 太田代表らが厚労相に要望 安定供給体制を確保(2009年6月4日 公明新聞)
かなり前の記事ですが、公明党も定期接種化を求め要望書を提出しています。

テーマ : 新型インフルエンザ
ジャンル : ヘルス・ダイエット

5月22日のワールドサテライト内のヒブワクチンの番組に関しての感想です

先週のテレビ東京の金曜日のワールドサテライト内で、
ヒブワクチンについての特集が放送されていました。

今回の放送は、ワクチン問題をビジネスの側面から捉えた、とても面白い番組で、
ヒブワクチンだけでなく、ワクチン行政の問題点が
とてもわかりやすく説明されていました。

今回の番組のなかで、自分が重要だと思った画像をまとめてみました。

2009052501.jpg

aaa.jpg
千葉県内のとある小児科病院でのケースです。

2009052508.jpg
去年発売され、任意接種が可能となったヒブワクチン。
接種の為には3万円かかるそうですが…

2009052502.jpg
それでも、120人待ち!?

ヒブワクチンがとても不足しています…一体なぜ…

2009052503.jpg
ヒブワクチンとは、細菌性髄膜炎を予防するワクチンのひとつです。
細菌性髄膜炎にかかると、最悪の場合死に至り、重い後遺症が
残ってしまう恐ろしい病気です。

世界100カ国以上で定期接種化されていて、東アジアでは
日本と北朝鮮だけが定期接種化されていないということです。

また、アメリカではすでに1980年代に導入されていたという事実も
衝撃的でした。

2009052514.jpg
製造しているフランスの会社の担当者の方のコメントでは、
これだけ需要と供給に差があるとの事です!
なぜ急に増やすことは出来ないのでしょうか?
その衝撃の理由とは…
2009052515.jpg

日本語ラベルを貼るって、中身は同じなのに…

2009052516.jpg
検定作業に10ヶ月って…
これはいくらなんでもかかりすぎでは…

2009052520.jpg
金額だけでなく安定供給という側面から見ても、一刻も早く定期接種化してほしいです。
それにしてもワクチンを販売されている担当の方からも苦言を呈されてしまうとは。
それだけ事態は深刻であるといえると思います。

2009052525.jpg
どうしてこんなことになってしまったのか。

2009052526.jpg

2009052527.jpg
なるほど、また副作用が起こったら国の責任だとして追及されてしまいますから、
検査に十分すぎるほど時間がかかってしまうわけですね。
納得です。

一方、厳しい国内規制を受けて、海外のワクチン開発会社と国内の開発会社との差が…
2009052528.jpg

2009052529.jpg
会社の売上高だけでもこれだけ差があるとは…!

2009052530.jpg

2009052531.jpg
そんな…

2009052535.jpg
海外のワクチンメーカーに頼らざるを得ない以上、ある程度ワクチンの基準を
海外に合わせることは必要なのではないでしょうか。


一方、これらの問題点に関して厚生労働省の見解は、
2009052536.jpg
厚生労働省の見解は、正論だと思うのですが、現状を鑑みるに
納得がいくものではないと思います。

また、番組内でも触れられていたのですが新型インフルエンザウイルス
などのことを考えた場合、現状のままではどうなるかとても不安だと感じました。

関連記事:
武田薬品工業がヒブワクチン導入へ(マニフェスト工房さん)
スイスの製薬会社から輸入するそうです。

テーマ : テレビなんでも
ジャンル : テレビ・ラジオ

ヒブワクチンの絶対数が足りていない現状は国の責任だと思う

【こども】細菌性髄膜炎 ヒブワクチンが足りない(産経新聞)
世界の良薬、日本に届かず “ドラッグラグ”で世界から取り残される日本(NB)
昨年に発売された、細菌性髄膜炎を予防するためのヒブワクチンの数が、
不足しているとの事です。

細菌性髄膜炎は発症してしまえば最悪の場合、死に至る恐ろしい病気で、
主に細菌性髄膜炎から子供たちを守る会さんなどの
方々のおかげでその必要性が広く知られるようになっていたので、発売と同時に
数が足りなくなることはある程度予測出来ていてもよかったのかもしれません。

このような事態を招いたことは、一重に国の責任であるといえると思います。

そもそも、本来ならばヒブワクチンほど重要なワクチンは国が率先して
導入するべきもので、民間の団体が国に定期摂取化を求めるなど本末転倒もいいところです。

そして今回のワクチン不足の騒動に際しても、またも国は我関せずの姿勢です。
定期摂取化されなければワクチンの絶対数は増えないし、ワクチンを手に入れなかった子供は
細菌性髄膜炎に罹る危険にさらされるわけです。

ワクチン数を確保して、多くの子供たちを細菌性髄膜炎から守るために、
国はヒブワクチンの定期摂取化を認めるべきだと改めて思います。

また、ヒブワクチンで防げない細菌性髄膜炎の原因となる肺炎球菌に対する
ワクチン(こちらはまだ未承認)に対しても、ヒブワクチンと同じ過ちを繰り返さないために対策を
講じる必要があると思います。

関連記事:
「ドラッグ・ラグ」シンポジウムに200人(日テレNEWS24)
海外ではすでに承認されその有効性が明らかであるにもかかわらず、日本では承認すらされていないということを重く受け止めるべきだと思います。

乳幼児のヒブ髄膜炎予防へ ワクチン接種開始(神戸新聞)
せっかくヒブワクチンが発売されたというのに、数が足らないとは…

★行列はできないけれどヒブワクチンが接種できる医院★
ヒブワクチンを摂取できる病院を、細菌性髄膜炎から子供たちを守る会さんが公開してくれています。

【費用助成・定期接種化を求めよう!!全国に広がる声】
細菌性髄膜炎から子供たちを守る会さんが、全国の自治体におけるヒブワクチンに対する
取り組みを紹介してくれています。

新薬使えず命を見捨てるドラッグ・ラグ(上)(JanJan)
ドラッグラグの問題点について、わかりやすくまとめられています。

テーマ : 医療・介護・障害制度改正の余波
ジャンル : 福祉・ボランティア

大田原市(栃木県)がヒブワクチン任意接種費用助成決定したそうです

今日は冷たい冬の雨が降っていて、とても寒い一日でした。

でも、こういう凍えるような感覚を覚えるのも生きているからこそ味わえるものであり、
また、暖かい日差しの有難みを実感させてくれるのだと思うと、
こういう天気も悪くないな、と思えるから不思議ですw

乳幼児の細菌性髄膜炎予防 大田原市、ワクチン接種補助へ(下野新聞)
大田原市(栃木県)がヒブワクチン任意接種費用助成を決定したとのことです。

ヒブワクチンが発売されたからといって、接種には大金がかかり、
こういう助成制度は幼いお子さんのいるご家庭には本当に助かると思います。

マニフェスト工房さんの記事によると、全国でヒブワクチン接種に際しての
助成制度を設けている自治体は
・鹿児島市
・宮崎市
・清武町
・国富町
・綾町

これら5市町であり、早期定期接種化を求める意見書は、
・千葉県
・酒田市
・堺市
・四街道市
・飯田市

1県4市とのことです。

早く、ヒブワクチンが定期接種化され、細菌性髄膜炎で幼い子供が
命を落とすようなことが無くなればいいと思います。

あと、これもマニフェスト工房さんの記事なのですが、
ヒブワクチン啓発用のポスターの、2009年度版が出たそうです。
ヒブワクチン啓発用ポスター2009年度版(PDFです)
字が大きくて、とても見やすいと思います。

このポスターを見て、一人でも多くの人が
ヒブワクチンに興味をもって欲しいと思います。

テーマ : 福祉関連ニュース
ジャンル : 福祉・ボランティア

以前放送したとくダネ!の細菌性髄膜炎についての内容について

乳児に接種、髄膜炎予防(読売新聞)

12月19日に細菌性髄膜炎を予防するための
ヒブワクチンが発売されました。

ヒブワクチンとは何か、自分も未だ不勉強なため、うまく説明することが
できないので、今年の5月に放送されたフジテレビのとくダネ!の
番組内でわかりやすく説明されていたので、一部画像を
引用して、自分なりに再構成してみました。

(意図的に画像を用いて再構成したため、番組の意図する内容と
若干違っている可能性があります)

shibu1.jpeg
今年の3月に4歳の男の子が細菌性髄膜炎の犠牲に…

hibu2.jpeg
症状が出てからなんとわずか3時間で…

hibu3.jpeg
細菌性髄膜炎にかかった子供の脳は、明らかに萎縮してしまっています…

hibu4.jpeg
年間に約千人が感染し、そのうちの5パーセントが死に至るそうです。

hibu5.jpeg
日本は一番VPDの被害が多い国だそうです…

hibu6.jpeg
今回発売されるヒブワクチンにより、左の画像のヒブによる発症を
防ぐことができるようになります。それでもまだ7割しか防げていないわけです。

hibu7.jpeg
ヒブという菌は小さい子供なら誰でも持っている菌だそうで、
それが髄膜に入ると発症してしまうそうです。

hibu8.jpeg
hibu9.jpeg
タイがうらやましいです…!

hibu10.jpeg
日本だけ遅れていることは明らかです…

hibu11.jpeg
hibu12.jpeg
なんと、すでにWHOでは義務化されているワクチンだったのです。
日本はWHOの勧告を無視し続けてきたということです。

hibu13.jpeg
hibu14.jpeg
ワクチン導入の妨げとなっている理由のひとつに、このような人達の影が…


hibu15.jpeg
お隣のアメリカとの違いは明らかです…

hibu16.jpeg
ようやく任意摂取とはいえ、ヒブワクチンの販売まで至りました。
これはひとえに関係者の方々のこれ以上犠牲者を増やすまいとする、並々ならぬ努力の
結晶であると思います。本当にありがとうございます

次は、いよいよ定期摂取化です。
任意摂取では自己負担のためお金がかかってしまうからです。

これ以上子供たちが犠牲になることを防ぐためにも、
一刻も早い定期摂取化が実現されればと思います。

関連記事:
マニフェスト工房~生活から生み出すマニフェスト~
細菌性髄膜炎から子供たちを守る会の事務局長を勤められている方のブログです。
大変参考になると思います。

髄膜炎の予防接種に公費補助 宮崎市など実施(宮崎日日新聞)
鹿児島市に続いて、宮崎市も補助が出るそうです。


「リボンリレープロジェクト」 細菌性髄膜炎から子供の命救いたい(産経新聞)
以前も紹介しましたが、
リボンリレープロジェクトに関する記事です。

髄膜炎 細菌感染で突然発症(山陰中央日報)
大人でも発症した場合命にかかわる病気のようです。

細菌性髄膜炎 ワクチンで子ども守れ 定期接種化を求め集会(赤旗)
共産党の機関紙である赤旗も取り上げてくれています。

ちょっと気になったのですが、
不思議なことに朝日や毎日新聞はほとんど取り上げていません。
こういうことは一番詳しく取り上げると思っていただけに意外でした。

テーマ : 私たちにできること
ジャンル : 福祉・ボランティア

ヒブワクチンに関するポスターについて





ヒブワクチンについてもっと多くの人に知っていただくために(マニフェスト工房さんのブログ)
マニフェスト工房さんのブログによると、
細菌性髄膜炎から子どもたちを守る会のホームページにおいて、ヒブワクチンに関するポスターを作成・ダウンロードができるようになっているとのことです。



ヒブワクチンに関するポスター(PDFです)
これがそのポスターです。
字がとても大きくて、ヒブワクチンの重要性や、細菌性髄膜炎の恐ろしさについて、わかりやすく解説されています。

ようやく任意接種が開始されるそうですが、任意ではなく、早く定期接種化してほしいと思います。

定期接種でなければその重要性が理解されにくいし、受けたいと思ってもお金がかかるので、断念せざるを得ないかもしれないからです。

予防接種を受ければそこにあるはずの、ごく当たり前の子供たちの未来。

その当たり前の未来を守るため、一刻の猶予も許されないと思います。

テーマ : 医療
ジャンル : 福祉・ボランティア

このブログについて

山梨次郎

Author:山梨次郎
FC2ブログへようこそ!
生まれも育ちも四街道の四街道市民です。

トラックバック・相互リンクはお気軽にどうぞ。
また、何かありましたら下のメールフォームからお願いいたします<(_ _)>

検索フォーム
☆是非ヒブワクチンの定期接種化を☆
人気ブログが一目でわかる(^^)/


にほんブログ村 政治ブログへ
画像をクリックしてみてください♪
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
RSSリンク
情報サイト
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お勧めサイト&ブログ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも一覧

韓国・北朝鮮について知るブログ

世の中って不思議でいっぱい

寄居運輸区管理員のブログ

物井や四街道の風景

一期一会な祭りと寺院
個人的巡回リンク
全国紙
朝日新聞
毎日新聞
読売新聞
産経新聞
日本経済新聞

ビジネスニュースサイト
ダイヤモンドオンライン
日経BP
Business Media 誠
東洋経済
ITmedia
ダイヤモンド・ザイ
NNA
ブルームバーグ
日本農業新聞
WSJ
日刊工業新聞
日刊産業新聞
財経新聞
フジサンケイビジネスアイ

通信社
時事通信
ロイター通信
AFPBB News
聯合ニュース
新華社

政党公式HP
新党日本
日本未来の党
緑の党
日本維新の会
たちあがれ日本
自民党
社民党
国民新党
みんなの党
民主党
新党日本
維新政党・新風
日本創新党
日本共産党
新党きづな
新党大地・真民主

政党機関紙
自由民主
公明新聞
しんぶん赤旗

インターネット新聞
J-CASTニュース
ツカサネット新聞
PJNEWS
ナリナリドットコム
JanJan

その他主な検索サイト
livedoorニュース
CNN
@nifty
Google ニュース
Yahoo Japan

医療ニュースサイト
Japan Medicine
薬事日報
日経メディカルオンライン
ロハス・メディカル

地方紙
千葉日報
北海道新聞
デーリー東北
河北新報
岩手日報
東奥日報
秋田魁新報
山形新聞
福島民報
福島民友
陸奥新報
茨城新聞
下野新聞
上毛新聞
埼玉新聞
東京新聞
山梨日日新聞
神奈川新聞
新潟日報
信濃毎日新聞
北日本新聞
北國新聞
福井新聞
岐阜新聞
静岡新聞
中日新聞
滋賀報知新聞
京都新聞
大阪日日新聞
神戸新聞
奈良新聞
紀伊民報
日本海新聞
山陰中央新報
山陽新聞
中国新聞
山口新聞
徳島新聞
四国新聞
愛媛新聞
高知新聞
西日本新聞
佐賀新聞
長崎新聞
熊本日日新聞
宮崎日日新聞
南日本新聞
大分合同新聞
西日本新聞
沖縄タイムス
琉球新報

動画ニュースサイト
日テレNEWS24
NHKニュース
FNN
NEWS-i

スポーツ紙
日刊スポーツ
スポーツニッポン
スポーツ報知
サンケイスポーツ
道新スポーツ
デイリースポーツ
東京スポーツ

夕刊紙
日刊ゲンダイ
夕刊フジ

パチンコ(朝鮮玉入)
@グリーンべると
社団法人日本遊技関連事業協会
遊戯産業不正対策情報機構
全日本遊技事業協同組合連合会
遊技産業健全化推進機構
遊戯通信スクエア
パチンコチェーンストア協会

中国ニュースサイト
Record China
サーチナ
大紀元
ダライ・ラマ法王日本代表部事務所
日本新華僑サイト

朝鮮工作機関
在日本朝鮮人総聯合会
民団新聞

朝鮮半島メディア
統一日報
朝鮮日報
中央日報
朝鮮新報
東亜日報
世界日報
KBS WORLD Radio
東洋経済日報

共同通信
QRコード
QR
FC2投票
無料アクセス解析
ブログ内検索
カスタム検索
四街道情報掲示板
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。